○臨江閣の設置及び管理に関する条例

平成29年3月31日

条例第19号

(設置)

第1条 文化遺産を保存し、及びその活用を図ることにより、郷土の歴史及び文化に対する市民の知識と理解を深め、もって市民文化の向上に寄与するため、本市に臨江閣を設置する。

(名称及び位置)

第2条 臨江閣の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 臨江閣

(2) 位置 前橋市大手町三丁目15番

(管理)

第3条 臨江閣は、前橋市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(利用許可)

第4条 臨江閣を利用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可(以下「利用許可」という。)を受けなければならない。利用許可を受けた事項を変更し、又は利用の取消しをしようとするときも、同様とする。

2 教育委員会は、臨江閣の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(利用許可の制限)

第5条 教育委員会は、利用許可を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可をしないことができる。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設又は設備を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) その他臨江閣の管理上支障があると認められるとき。

(利用許可の取消し等)

第6条 教育委員会は、利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、臨江閣の利用を中止させ、又は利用許可を取り消すことができる。

(1) 偽りその他不正の手段により利用許可を受けたとき。

(2) 利用許可の条件に違反したとき。

(3) 前条各号のいずれかに該当するに至ったとき。

(4) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(5) 災害その他の事故により、利用ができなくなったとき。

(使用料)

第7条 臨江閣を利用しようとする者は、利用許可を受ける際、別表に定める使用料を納付しなければならない。ただし、市長が必要と認める場合は、この限りでない。

(使用料の不還付)

第8条 納付した使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責めに帰することができない理由により臨江閣を利用することができなくなったとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、市長が特に必要があると認めるとき。

(使用料の減免)

第9条 市長は、特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(目的外利用等の禁止)

第10条 利用者は、利用許可を受けた目的外に臨江閣を利用し、又はその利用権を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(原状回復の義務)

第11条 利用者は、その利用を終了したとき、又は第6条の規定により利用を中止され、若しくは利用許可を取り消されたときは、直ちに自己の負担で施設等を原状に回復して、これを返還しなければならない。

(賠償責任)

第12条 利用者は、臨江閣の利用に際して施設又は設備を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に回復しなければならない。ただし、原状に回復することができないときは、教育委員会の認定する額を賠償しなければならない。

(入館の拒否等)

第13条 教育委員会は、臨江閣の入館者が第5条各号のいずれかに該当するときは、当該入館者に対し、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、市規則で定める日から施行する。

(平成29年規則第39号で平成29年9月1日から施行)

附 則(平成31年3月28日条例第5号) 抄

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

(臨江閣の設置及び管理に関する条例の一部改正に伴う経過措置)

29 この条例の施行の際現に第30条の規定による改正前の臨江閣の設置及び管理に関する条例の規定により利用の許可を得ている者に係る当該使用料の額については、なお従前の例による。

別表(第7条関係)

(平31条例5・一部改正)

利用区分

使用料(円)

午前

午後

夜間

全日

9時~12時

13時~17時

18時~22時

9時~22時

入場料を徴収しない場合

本館

1階

一の間

1,730

2,340

2,340

6,410

次の間

1,230

1,630

1,630

4,490

三の間

1,230

1,630

1,630

4,490

控えの間

810

1,120

1,120

3,050

奥座敷一の間

1,120

1,520

1,520

4,160

奥座敷次の間

610

920

920

2,450

2階

一の間(御座所)

1,430

1,830

1,830

5,090

次の間

2,950

3,980

3,980

10,910

控えの間

300

410

410

1,120

別館

1階

西洋間

6,830

9,170

9,170

25,170

第一和室

1,120

1,520

1,520

4,160

第二和室

1,120

1,520

1,520

4,160

第三和室

1,430

1,830

1,830

5,090

第四和室

1,930

2,650

2,650

7,230

第五和室

1,630

2,240

2,240

6,110

2階

大広間

21,700

28,930

28,930

79,560

茶室

4,180

5,610

5,610

15,400

入場料を徴収する場合

本館

1階

一の間

2,650

3,560

3,560

9,770

次の間

1,830

2,450

2,450

6,730

三の間

1,830

2,450

2,450

6,730

控えの間

1,230

1,730

1,730

4,690

奥座敷一の間

1,730

2,340

2,340

6,410

奥座敷次の間

920

1,430

1,430

3,780

2階

一の間(御座所)

2,140

2,750

2,750

7,640

次の間

4,480

6,010

6,010

16,500

控えの間

510

610

610

1,730

別館

1階

西洋間

10,290

13,750

13,750

37,790

第一和室

1,730

2,340

2,340

6,410

第二和室

1,730

2,340

2,340

6,410

第三和室

2,140

2,750

2,750

7,640

第四和室

2,950

3,980

3,980

10,910

第五和室

2,450

3,360

3,360

9,170

2階

大広間

32,590

43,390

43,390

119,370

茶室

6,310

8,450

8,450

23,210

摘要

1 入場料とは、入場料、会費、会場整理費等の入場することに関し徴収される入場の対価その他これに類するものをいう。

2 利用者が無料で入場させる場合であっても、商品の売上高による招待券で入場させる等、営利宣伝その他これに類する目的で使用する場合における使用料は、入場料を徴収する場合の使用料の額とする。

臨江閣の設置及び管理に関する条例

平成29年3月31日 条例第19号

(令和元年10月1日施行)