○真室川町議会公印規程

昭和61年4月1日

議会規程第3号

(目的)

第1条 この規程は、真室川町議会における公印の管理及び使用、その他公印について必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において公印とは、議会名、議長名若しくはその他の職名等をもって発する公文書、又はこれに準ずる文書等に押なつする印章をいう。

(種類名称)

第3条 公印の種類、名称、形状、寸法、個数及び使用区分、及び保管責任者は別表のとおりとする。

(管理保管)

第4条 公印の管理保管に関する事務は、議会事務局長が総括する。

2 議会事務局長は、公印台帳(別記様式第1号)を備え、すべての公印を登録しておかなければならない。

3 公印の管理保管責任は、議会事務局長がおこなわなければならない。

4 公印は、管理保管責任者が定める場所以外に持ち出してはならない。

(印影の印刷)

第5条 公印の押印にかえて印刷する必要があるときは、公印印刷承認申請書(別記様式第2号)を提出し、議長の承認を受けなければならない。

2 前項の承認を受けたものは、承認を受けた印影の印刷に立ち会い、印刷が終わったときは印刷に使用した印影のとつ版(鋳型を作成した場合はその型を含む、以下同じ。)を、議会事務局長に引き継がなければならない。

3 議会事務局長は、前項により引き継ぎを受けたとつ版を、公印に準じて保管しなければならない。

4 第1項の承認を受けたものは、印影を印刷した印刷物(以下「公印印刷物」という。)を、常に厳重に保管し、受払、使用状況を明らかにしておかなければならない。

5 第1項の承認を受けたものは、公印印刷物が不要となったときは、すみやかにこれを議会事務局長に引き継がなければならない。

6 議会事務局長は、前項により引き継ぎを受けたときは、直ちに公印印刷物を焼却し、又はその印影を抹消しなければならない。

(公印の紛失、き損)

第6条 公印を紛失、又はき損したときは、直ちに公印事故届を議会事務局長を経由し、議長に提出しなければならない。

(公印の作成、改刻、又は廃止)

第7条 公印を作成し、改刻し、又は廃止しようとするときは、議会事務局長は議長の決済を受けなければならない。

2 公印を作成し、改刻したときは、議会事務局長は直ちに公印台帳に登録しておかなければならない。

3 廃止された公印は公印台帳から抹消し、廃止された日から起算して1年間保存の後、焼却その他の方法により廃棄しなければならない。

(公印の使用)

第8条 公印の使用は必ず管理責任者、若しくはその面前において行わなければならない。ただし、管理責任者の承認を受けたときはこの限りではない。

2 議会以外の他の部局で、議会の議決の証明を得るために必要な公印の使用については、公印使用伺表(別記様式第3号)を議会事務局長に提出し、その許可を受けなければならない。

3 議会事務局長は、前項において提出された押なつすべき文書を、原議書又は証拠書類と照合審査し、相違がないことを確認してから公印を押さなければならない。

4 公印を押なつすべき文書は、その原議書と契約する。ただし原議書のないもの、その他簡易なものはこの限りではない。

5 公印は、正規の勤務時間内において使用しなければならない。ただし、やむなき事情により執務時間外に使用しなければならない場合は、あらかじめ管理責任者の許可を得たものに限り、使用を認めるものとする。

(議長の代位機関)

第9条 地方自治法第106条の議長に事故ある場合は、その期間について副議長が職務執行者となり、直ちに関係機関に通知するとともに公文書の発信に要する公印は、副議長の公印を押さなければならない。

この規程は、昭和61年4月1日から施行する。

別表 略

様式 略

真室川町議会公印規程

昭和61年4月1日 議会規程第3号

(昭和61年4月1日施行)