○長沼町広報無線の設置及び管理に関する条例

昭和54年7月9日

条例第8号

(設置)

第1条 長沼町の広報活動及び緊急時の連絡を円滑にし、住民の福祉の増進に資することを目的として、長沼町広報無線(以下「広報無線」という。)を設置する。

(業務)

第2条 広報無線の業務は、次のとおりとする。

(1) 町政の普及、啓発、連絡及び指導

(2) 非常災害その他緊急事態の通報及び連絡

(3) その他町長が認める広報及び連絡

(放送区域)

第3条 放送を行う区域は、本町の全域とする。

(送信所)

第4条 放送の送信所の位置は、長沼町役場に置く。

(受信者)

第5条 放送を受信できる者(以下「使用者」という。)は、町に住所を有する個人及び町長が必要と認める施設等とする。

(受信機の貸与及び貸借料)

第6条 長沼町広報無線受信機(以下「受信機」という。)は、使用者の申請に基づき貸与する。

2 貸与する受信機の数は、原則として1世帯又は1施設について1台とし、その貸借料は無料とする。

(受信機の保全)

第7条 使用者は、受信機に異状を発見したときは、直ちに町長にその状況を届け出なければならない。

2 受信機等の取付け、取り外し、修理等は、町長の指定する者以外の者が行うことはできない。

(損害の賠償)

第8条 使用者は、受信機等を亡失し、又は損傷したときは、損害の賠債をしなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(委任)

第9条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年9月30日条例第20号)

この条例は、平成16年10月1日から施行する。

長沼町広報無線の設置及び管理に関する条例

昭和54年7月9日 条例第8号

(平成16年10月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 町長部局/第5節 広報・広聴
沿革情報
昭和54年7月9日 条例第8号
平成16年9月30日 条例第20号