○長沼町ふるさとの森条例

平成11年3月24日

条例第3号

(設置)

第1条 この条例は、地域環境保全のため取得した森林を自然環境の保全を図りつつ、地域振興の観点から地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項の規定に基づく公の施設として管理し、その保全活用及び豊かな生活環境の確保に寄与するため、長沼町ふるさとの森(以下「ふるさとの森」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ふるさとの森の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

ふるさとの森グリーンコリドー274

長沼町西5線南7番地ほか

(行為の禁止)

第3条 ふるさとの森内においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、町長が特に認めたものについては、この限りでない。

(1) 物品の販売、興行、寄附の要請その他これに類する行為を行うこと。

(2) 工作物を設け、ふるさとの森を占有すること。

(3) ふるさとの森を損傷し、汚損し、又は滅失すること。

(4) 土地の形質を変更し、又は土石を採取すること。

(5) 樹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(6) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(7) ごみその他汚物を捨てること。

(8) 広告又はこれに類するものを掲出し、又は散布すること。

(9) 立入禁止区域に立ち入ること。

(10) 指定した以外の場所へ車両を乗り入れ、又は止めておくこと。

(11) 前各号のほか、町長がふるさとの森の管理上特に必要があると認めて禁止すること。

(利用の禁止又は制限)

第4条 町長は、災害その他の事由によりふるさとの森の利用が危険であると認めたときは、その区域を定めてふるさとの森の利用を禁止し、又は制限することができる。

(損害賠償)

第5条 ふるさとの森を利用する者は、施設設備又はその他の物件を損傷し、汚損し、若しくは滅失したときは、町長の指示に従いこれを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ない事由があると認めたときは、原状回復義務を免除し、又は賠償額を減免することができる。

(管理の委託)

第6条 町長は、必要があると認めたときは、ふるさとの森の管理を公共的団体に委託することができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、ふるさとの森の管理に関し必要な事項は、町長が定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(平成16年9月30日条例第20号)

この条例は、平成16年10月1日から施行する。

長沼町ふるさとの森条例

平成11年3月24日 条例第3号

(平成16年10月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 町長部局/第10節 地域振興
沿革情報
平成11年3月24日 条例第3号
平成16年9月30日 条例第20号