○長沼町地区会館条例施行規則

昭和49年6月7日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、長沼町地区会館条例(昭和49年条例第2号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(使用時間及び休館日)

第2条 長沼町地区会館(以下「会館」という。)の使用時間及び休館日は、次のとおりとする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 使用時間 午前8時から午後10時まで

(2) 休館日 1月1日から同月5日まで及び12月31日

(使用の承認等)

第3条 会館を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、使用の日の5日前までに会館使用許可申請書(別記様式第1号)を町長に提出し、その許可を受けなければならない。ただし、特別の事由があるときは、この期限によらないことができる。

2 町長は、会館の使用許可を決定したときは、申請者に対し会館使用許可書(別記様式第2号)を交付する。

(使用料の減免)

第4条 条例第5条第3項の規定により次の各号のいずれかに該当するときは、使用料を減免する。

(1) 公共団体、公共的団体又は町の助成団体が使用する場合で町長が公益上必要と認めるとき。

(2) その他町長が公益上必要と認めるとき。

2 条例第5条第3項の規定により使用料の減免を受けようとする者(以下「使用料減免申請者」という。)は、会館使用料減免申請書(別記様式第3号)を町長に提出しなければならない。

3 町長は、使用料の減免の可否を決定したときは、会館使用料減免許可(不許可)通知書(別記様式第4号)により使用料減免申請者に通知する。

(係員の指示)

第5条 使用者はすべて係員の指示に従わなければならない。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和61年3月31日規則第10号)

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成16年10月1日規則第7号)

この規則は、平成16年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

長沼町地区会館条例施行規則

昭和49年6月7日 規則第7号

(平成16年10月1日施行)