○長沼町動物の愛護及び管理に関する条例施行規則

平成30年3月1日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、長沼町動物の愛護及び管理に関する条例(平成29年条例第26号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(犬の飼養に係る表示)

第2条 条例第7条第3号の規定による表示は、犬飼養標識(別記様式第1号)によるものとする。

(係留等の除外の申請)

第3条 条例第10条第1項第3号に規定する許可の申請は、係留等の除外許可申請書(別記様式第2号)によるものとする。

(係留等をするための器具又は器材)

第4条 犬の飼い主は、条例第10条第2項第3号の規定により係留等をするための器具又は器材を使用し、整備し、及び管理する場合には、係留等をするための器具又は器材を点検し、必要に応じてこれらの調節又は修繕を行うこと。

(犬による事故の届出)

第5条 条例第11条第1項の規定による届出は、飼養している犬による事故発生届(別記様式第3号)によるものとする。

2 条例第11条第2項の規定による届出は、犬による被害届(別記様式第4号)によるものとする。

(身分証明書)

第6条 条例第15条第2項の身分を示す証明書は、身分証明書(別記様式第5号)とする。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(長沼町畜犬取締及び野犬掃とう条例施行規則の廃止)

2 長沼町畜犬取締及び野犬掃とう条例施行規則(昭和48年規則第2号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行の際現に前項の規定による廃止前の長沼町畜犬取締及び野犬掃とう条例施行規則の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

長沼町動物の愛護及び管理に関する条例施行規則

平成30年3月1日 規則第3号

(平成30年4月1日施行)