○長沼町地域農政特別対策事業推進規則

昭和54年10月5日

規則第4号

(目的)

第1条 意欲的に農業に取り組む者の創意と自主性に基づき、地域農業の振興を図るとともに農用地等の確保を図るため、長沼町地域農政特別対策事業(以下「事業」という。)を推進することを目的とする。

(諮問)

第2条 前条の目的達成のため、次の各号に掲げる事項について町内各農業団体等で組織する長沼町農業振興対策協議会(以下「協議会」という。)に諮問するものとする。

(1) 事業の普及、啓もうに関すること。

(2) 営農志向、土地利用の方向等についての意向調査に関すること。

(3) 農家の相互交流と研修に関すること。

(4) 地域農業の集落別検討会に関すること。

(5) 地域農政総合推進方策の検討と作成に関すること。

(6) その他地域農政に関すること。

(経費の支弁)

第3条 前条の協議会に係る経費については、町費をもってこれを支弁するものとする。

(地区推進員の設置)

第4条 地域農業の推進に対する意向等を集約調整を図るため、地域農政推進活動地区推進員(以下「地区推進員」という。)を設置する。

2 地区推進員は、地区農家の推薦により町長が委嘱する。

(報償)

第5条 前条の地区推進員に対し予算の範囲内において報償金を支給する。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

この規則は、公布の日から施行し、昭和54年8月1日から適用する。

(平成16年10月1日規則第7号)

この規則は、平成16年10月1日から施行する。

長沼町地域農政特別対策事業推進規則

昭和54年10月5日 規則第4号

(平成16年10月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
昭和54年10月5日 規則第4号
平成16年10月1日 規則第7号