○長沼町籾殻破砕施設条例

昭和60年3月23日

条例第9号

(設置)

第1条 籾殻を破砕し、地力培養モデル地区(新地域農業生産総合振興対策事業で道が指定した地力培養モデル地区をいう。以下同じ。)の堆肥及び長沼町堆肥生産センター(以下「堆肥センター」という。)で生産される堆肥の原料として供給し、堆肥の品質向上を図り、農業生産性の向上に寄与するため、長沼町籾殻破砕施設(以下「籾殻破砕施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 籾殻破砕施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

長沼町籾殻破砕施設

長沼町東5線北8番地

(業務)

第3条 籾殻破砕施設の業務は、籾殻を破砕し、堆肥の原料として次の各号に掲げるものに供給するものとする。

(1) 地力培養モデル地区

(2) 堆肥センター

(3) 地力培養モデル地区外農業者(農産物の生産性向上のため、籾殻を持込みした者に限る。)

2 町長は、必要と認めるときは、籾殻破砕施設の業務の一部又は全部を委託することができる。

(職員)

第4条 籾殻破砕施設の業務を遂行するため、必要な職員を置く。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、籾殻破砕施設の管理運営に必要な事項は、規則で定める。

この条例は、公布の日から施行する。

長沼町籾殻破砕施設条例

昭和60年3月23日 条例第9号

(昭和60年3月23日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
昭和60年3月23日 条例第9号