○長沼町放課後児童クラブ条例

令和2年3月17日

条例第16号

長沼町放課後児童クラブ条例(平成27年条例第16号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業を実施するため、放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)を設置する。

(名称、位置及び定員)

第2条 児童クラブの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

長沼児童クラブ

長沼町南町2丁目3番2号

(長沼町児童センター内)

2 児童クラブの定員は、規則で定める。

(対象児童)

第3条 児童クラブに入会することができる児童(以下「対象児童」という。)は、町内の小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等により昼間家庭において当該児童の健全な育成を行うことができないと町長が認めるものとする。

(入会の許可等)

第4条 児童の保護者は、児童を児童クラブに入会させようとするときは、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、入会を許可しない。

(1) 児童が感染性疾患を有するとき。

(2) 児童が病弱、身体虚弱等により児童クラブでの支援が困難なとき。

(3) その他児童クラブの管理運営上支障があると認められるとき。

(入会の許可の取消し等)

第5条 町長は、児童又はその保護者が次の各号のいずれかに該当する場合は、入会の許可を取り消し、又はその利用を制限することができる。この場合において、児童又はその保護者に損害を及ぼすことがあっても、町長は、その賠償の責めを負わない。

(1) 対象児童に該当しなくなったと認めるとき。

(2) 第4条第2項各号に該当するに至ったとき。

(3) 不正又は偽りの行為によって入会していることが判明したとき。

(負担金等)

第6条 児童の保護者は、児童1人につき児童クラブの運営に要する費用として別表に定める負担金及び延長負担金(以下「負担金等」という。)を納付しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、月の中途で児童クラブに入会し、又は退会する場合において、当該月の16日以後に入会し、又は同日前に退会する児童に係るその月の負担金の額は、別表に定める負担金の額の2分の1とする。

3 町長は、特別の理由があると認めるときは、負担金等を減免することができる。

4 町長は、必要があると認めるときは、負担金の全部又は一部を前納させることができる。

5 既納の負担金等は、還付しない。ただし、町長が特別の理由があると認めたときは、負担金等の全部又は一部を還付することができる。

6 負担金等は、規則で定める日までに納付しなければならない。

(損害賠償)

第7条 児童クラブの設備、備品等を毀損し、又は滅失した児童の保護者は、これを修理し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ない理由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

児童の属する世帯の階層区分

負担金

(月額)

延長負担金

(1時間)

階層区分

定義

A

生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯

0円

0円

B

ひとり親世帯(当該年度分(4月から8月までにあっては、前年度分をいう。)の市町村民税非課税世帯及び市町村民税の所得割が課税されていない世帯)

0円

0円

C

ひとり親世帯(当該年度分(4月から8月までにあっては、前年度分をいう。)の市町村民税の所得割が課税されている世帯)

2,300円

100円

D

A階層・B階層及びC階層を除き当該年度分(4月から8月までにあっては、前年度分をいう。)の市町村民税非課税世帯及び市町村民税の所得割が課税されていない世帯

1,700円

100円

E

A階層・B階層及びC階層を除き当該年度分(4月から8月までにあっては、前年度分をいう。)の市町村民税の所得割が課税されている世帯

2,600円

100円

備考 この表において「延長負担金」とは、規則で定める開所時間を延長して利用した場合に、児童クラブの運営に要する費用として納付する負担金をいう。

長沼町放課後児童クラブ条例

令和2年3月17日 条例第16号

(令和2年4月1日施行)