○長沼町放課後児童クラブ条例施行規則

令和2年4月1日

規則第19号

(趣旨)

第1条 この規則は、長沼町放課後児童クラブ条例(令和2年条例第16号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定員)

第2条 条例第2条第2項に規定する規則で定める定員は、次のとおりとする。ただし、これを超える申請があった場合は、当該施設の状況に応じた受入れに配慮するものとする。

名称

定員

長沼児童クラブ

112名

(開所時間等)

第3条 児童クラブの開所時間は、放課後から午後6時までとする。ただし、長沼町立学校管理規則(昭和33年教育委員会規則第1号。以下「学校管理規則」という。)第50条第1項第2号(日曜日を除く。)及び第4号から第7号まで並びに同条第3項及び第6項並びに第51条第1項に規定する休業日(ただし、当該休業日が第3項に規定する休会日に当たるときを除く。)にあっては、午前8時から午後6時までとする。

2 町長は、前項の規定にかかわらず、必要に応じ、前項に規定する開所時間のほか午後6時から午後7時までの間、開所時間の延長に係る利用をさせることができる。

3 児童クラブの休会日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月31日及び1月2日から1月5日まで

4 前3項の規定にかかわらず、町長が特に必要と認めたときは、別に休会日を定め、又は利用時間を変更することができる。

(利用要件)

第4条 条例第4条の規定により児童クラブに入会させようとする児童の保護者は、次の各号に掲げる状態のいずれかの利用要件を満たさなければならない。

(1) 昼間に居宅外で労働することを常態としていること。また、居宅内であっても、当該児童と離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としていること。

(2) 妊娠中又は出産後間がないこと。

(3) 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。

(4) 前号と同様の障害を有する同居の親族を常時介護していること。

(5) 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。

(6) 就学、技能訓練中又は就職活動中であること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める状態にあること。

(入会の手続き)

第5条 条例第4条の規定により児童クラブに入会させようとする児童の保護者は、放課後児童クラブ入会申込書(別記様式第1号)に就労証明書等その他町長が必要と認める書類を添えて町長に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請は、随時行うことができる。

3 町長は、前2項の申請があったときは、これを審査の上、入会の可否を速やかに決定し、放課後児童クラブ入会可否決定通知書(別記様式第2号)により、通知するものとする。

(入会の許可期間)

第6条 入会を許可する期間は、利用の日から当該利用の日の属する年度の3月31日までの範囲内で、児童が監護を受けられないと見込まれる期間とする。

(利用の制限)

第7条 条例第5条の規定による利用の制限をしようとするときは、放課後児童クラブ(利用停止・利用承認取消)通知書(別記様式第3号)により、当該制限をしようとする保護者に通知するものとする。

(退会の手続き)

第8条 退会を希望する場合又は入会後条例第4条第2項に該当することとなった場合には、保護者は、放課後児童クラブ退会届(別記様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(届出)

第9条 児童クラブに入会している児童の保護者は、入会申込書又はその添付書類の記載事項に変更が生じたときは、速やかに放課後児童クラブ記載事項変更届(別記様式第5号)により町長に届け出なければならない。

(負担金等の納入)

第10条 条例第6条に規定する負担金は、当該月分をその月の末日までに納入しなければならない。

2 条例第6条に規定する延長負担金は、利用月の翌月の末日までに納入しなければならない。

(負担金の減免)

第11条 条例第6条第3項の規定により負担金の減免を受けようとする保護者は、放課後児童クラブ負担金減免申請書(別記様式第6号)に必要な書類を添えて、町長に申請しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請があったときは、内容を審査し、減免の可否を決定し、放課後児童クラブ負担金減免可否決定通知書(別記様式第7号)により保護者に通知するものとする。

3 前2項の申請に基づく減免は、当該申請があった翌月から適用する。

(放課後児童支援員及び補助員の職務の内容)

第12条 放課後児童支援員及び補助員(以下「支援員等」という。)の職務は、次のとおりとする。

(1) 児童の生活指導等に関すること。

(2) 児童の安全、健康等の管理に関すること。

(3) 児童の出欠の確認、事故防止、室内の管理運営に関すること。

(4) 児童の遊びを通しての育成指導に関すること。

(5) 児童への支援提供、保護者との連絡調整に関すること。

(6) 日誌の記録に関すること。

(7) その他児童クラブの運営に必要な事項に関すること。

(緊急時等における対応方法)

第13条 支援員等は、活動中に利用者の身体に急変その他緊急事態が生じたときは、速やかに保護者に連絡する等の措置を講ずるとともに、町長に報告しなければならない。

(非常災害対策)

第14条 児童クラブは、長沼町地域防災計画等に基づき、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行うものとする。

(虐待の防止のための措置に関する事項)

第15条 児童クラブは、利用者の人権の擁護・虐待等の防止のため次の措置を講ずるものとする。

(1) 虐待防止に関する責任者の選定及び措置

(2) 虐待を防止するための職員に対する研修の実施

(3) その他虐待防止のために必要な措置

2 支援員等は、虐待を受けたと思われる児童を発見した場合は、速やかに町長に通報するものとする。

(事業の利用に当たっての留意事項)

第16条 事業の利用に当たっては、以下の点に留意するものとする。

(1) 活動中に児童の健康状態及び心身の状況を把握し、病気又は怪我などの場合は、速やかに保護者へ連絡し、状況によっては、利用を中止させる場合があること。

(2) 事業を利用しない場合又は保護者以外の方が迎えに来る場合は、当該支援員等に事前に連絡を行うこと。

(3) 児童クラブの運営上、他の児童に迷惑となる行為が見られた場合は、利用を中止させることがあること。

(委任)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

長沼町放課後児童クラブ条例施行規則

令和2年4月1日 規則第19号

(令和2年4月1日施行)