○松戸市名誉市民条例

昭和49年4月1日

松戸市条例第4号

(趣旨)

第1条 松戸市民または松戸市に縁故の深い者で、公共の福祉を増進し、または文化の進展に貢献し、その功績が卓絶であるものに対して、この条例の定めるところにより松戸市名誉市民(以下「名誉市民」という。)の称号を贈り、その功労をたたえ、もつて広く市民敬愛の対象とし、郷土愛の高揚に資する。

2 名誉市民の称号は、故人に対しても追贈することができる。

(決定の方法)

第2条 名誉市民は、市長が議会の同意を得てこれを決定する。

(選考委員会)

第3条 名誉市民の選考について、市長の諮問機関として松戸市名誉市民選考委員会(以下「選考委員会」という。)を設置する。

2 選考委員会の組織、運営等について必要な事項は、規則で定める。

(顕彰)

第4条 名誉市民には、名誉市民の称号のほか、名誉市民章を贈り、これを顕彰し、その事績は市の広報に掲載する。

2 故人に対して追贈するときは、故人に名誉市民の称号を贈るほか、名誉市民章は、これを遺族に贈呈する。

(礼遇)

第5条 名誉市民には、次の各号に掲げる礼遇をする。

(1) 市の行なう式典への招待

(2) 死亡の際は、議会の議決を経て市長は市公葬を行なうことができる。

(3) その他市長が必要と認める礼遇

(称号の取消し)

第6条 名誉市民が本人の責に帰すべき行為により著しく名誉を失い、市民の敬愛を受けなくなつたと認められたときは、市長は、議会の同意を得て名誉市民の称号を取り消すことができる。

2 前項の規定によつて名誉市民でなくなつた者は、その取消しの日から前条の規定によつて与えられた礼遇を失う。

(特別名誉市民)

第7条 市長は、親善その他の目的で市の賓客として来訪した外国人に対し、第2条の規定にかかわらず名誉市民として、松戸市特別名誉市民の称号のほか松戸市特別名誉市民章を贈呈することができる。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(適用)

2 第1条第2項の規定は、市制施行日以後死亡した者に対しても適用する。

3 第7条の規定の適用は、当分の間、同条中「松戸市特別名誉市民章」とあるのは「名誉市民章」と読み替えるものとする。

(特別職の職員の給与および費用弁償の支給に関する条例の一部改正)

4 特別職の職員の給与および費用弁償の支給に関する条例(昭和31年松戸市条例第15号)の一部を、次のように改正する。

別表2中「

青少年問題協議会委員

日額 2,600円

」の次に「

松戸市名誉市民選考委員会委員

日額 2,600円

」を加える。

松戸市名誉市民条例

昭和49年4月1日 条例第4号

(昭和49年4月1日施行)