○松戸市災害弔慰金支給条例

昭和42年9月23日

松戸市条例第19号

(目的)

第1条 この条例は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく本市の住民基本台帳に記載されている者が、災害により死亡した場合に災害弔慰金(以下「弔慰金」という。)を支給し、その遺族を弔慰することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 災害とは、暴風、豪雨、洪水、地震、その他異常な自然現象、または火災、爆発等による被害もしくは交通事故、労働災害およびその他外因による被害をいう。

(2) 遺族とは、死亡者の配偶者(届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)、子、父母、孫、祖父母および兄弟、姉妹をいう。

(弔慰金の支給)

第3条 弔慰金は、その遺族で葬祭を行なう者に支給する。ただし、遺族に該当する者がない場合は葬祭を行なう者に支給する。

(弔慰金の額)

第4条 弔慰金の額は、30,000円とする。

(申請手続)

第5条 弔慰金の支給を受けようとする者は、申請書を市長に提出しなければならない。

(委任規定)

第6条 この条例の施行に関し、必要な事項は市長が定める。

附 則

この条例は、昭和42年10月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月29日松戸市条例第16号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成24年6月29日松戸市条例第20号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年7月9日から施行する。

松戸市災害弔慰金支給条例

昭和42年9月23日 条例第19号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和42年9月23日 条例第19号
昭和57年3月29日 条例第16号
平成24年6月29日 条例第20号