○松戸市災害見舞金支給要綱

昭和55年3月31日

松戸市告示第48号

(趣旨)

第1条 市長は、地震、火災及び風水害等(以下「災害」という。)により罹災した者(以下「罹災者」という。)に対して、その更生意欲の向上を図るため、この要綱に基づき、災害見舞金(以下「見舞金」という。)を支給する。

(支給対象者)

第2条 見舞金の支給対象者は、次に掲げる要件を備えている世帯主とする。

(1) 市内に現に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく本市の住民基本台帳に記載されていること。

(2) 災害により自己の居住の用に供している住家に被害を受けたこと。

2 前項第1号に規定する要件にかかわらず、市長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(災害の種別)

第3条 見舞金を支給する災害の種別は、別表に掲げるとおりとする。

(調査)

第4条 担当職員は、消防機関、地域代表者及び民生委員等と緊密な連絡をとり、敏速かつ正確に災害の調査をし、調査書(第1号様式)を作成しなければならない。

(支給決定)

第5条 市長は、前条に規定する調査書に基づき見舞金支給の可否を決定する。

(支給額)

第6条 見舞金は、災害の種別に応じ、別表に定める額を罹災者に支給する。ただし、市がその損害を賠償した床上浸水については、別表に定める額の範囲内において市長が定める額とする。

2 見舞金は、併給しないものとする。

(傷病見舞金)

第7条 第2条に規定する世帯主及び世帯主の構成員が別表に掲げる災害により負傷し、2週間以上入院した場合は1人につき10,000円を傷病見舞金として支給する。

(適用除外)

第8条 次の各号のいずれかに該当するときは、見舞金を支給しない。

(1) 松戸市が、災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けたとき。

(2) 罹災者が故意又は重大な過失により住家を焼失又は損壊したとき。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年4月1日松戸市告示第63号)

この告示は、公示の日から施行する。

附 則(昭和59年3月31日松戸市告示第31号)

この告示は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月4日松戸市告示第323号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成30年3月1日松戸市告示第67号)

この告示は、公示の日から施行する。

別表

災害の種別

見舞金額

一般世帯

単身世帯

火災

住家の全焼

50,000

20,000

〃 半焼

30,000

10,000

地震

風水害

〃 全壊

50,000

20,000

〃 半壊

30,000

10,000

床上浸水

30,000

10,000

ガス爆発

住家の全壊

50,000

20,000

〃 半壊

30,000

10,000

消火活動による水損

20,000

10,000

備考 単身世帯とは、社員寮、学校寮、収容施設等の単身居住者をいう。一般世帯とは、単身世帯以外をいう。

第1号様式

画像

松戸市災害見舞金支給要綱

昭和55年3月31日 告示第48号

(平成30年3月1日施行)

体系情報
第14編 国民保護・防災/第2章
沿革情報
昭和55年3月31日 告示第48号
昭和57年4月1日 告示第63号
昭和59年3月31日 告示第31号
平成24年7月4日 告示第323号
平成30年3月1日 告示第67号