○水道企業職員就業規則

昭和43年4月1日

松戸市水道事業規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第15条の規定に基づき管理者が水道企業職員(以下「職員」という。)として任命した者の就業に関する必要な事項を定めるものとする。

(服務の根本基準)

第2条 職員は、地方公営企業法第3条に規定する水道事業の経営の基本原則を自覚し、法令、条例、水道事業規程、その他の規程を尊重し上司の職務上の命令に従い誠実に職務を行わなければならない。

(服務及び倫理)

第3条 職員の服務に関する必要な事項については、この規程に定めるもののほか次の規則及び訓令甲を準用する。この場合「市長」とあるのは「管理者」と読み替えるものとする。

2 職員の倫理に関する必要な事項については、この規則に定めるもののほか松戸市職員の倫理等に関する規程(平成21年松戸市訓令甲第2号)を準用する。この場合において、「総務部長」とあるのは「管理者が定める者」と、「市長」とあるのは「管理者」と読み替えるものとする。

(勤務時間)

第4条 職員の勤務時間は、休憩時間を除き、1週間当たり38時間45分とするものとする。

2 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第10条第3項の規定により同条第1項に規定する育児短時間勤務(以下「育児短時間勤務」という。)の承認を受けた職員(同法第17条の規定による短時間勤務をすることとなつた職員を含む。以下「育児短時間勤務職員等」という。)の1週間当たりの勤務時間は、前項の規定にかかわらず、当該承認を受けた育児短時間勤務の内容(同条の規定による短時間勤務をすることとなつた職員にあつては、同条の規定によりすることとなつた短時間勤務の内容)に従い、管理者が定める。

3 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の4第1項の規定により採用された職員(以下「定年前再任用短時間勤務職員」という。)の勤務時間は、第1項の規定にかかわらず、休憩時間を除き、4週間を超えない期間につき1週間当たり15時間30分から31時間までの範囲内で、管理者が定める。

4 前3項の規定にかかわらず、特別の勤務に従事する職員の勤務時間については、同項に規定する勤務時間を超えて定めることができる。

(休憩時間)

第5条 職員の休憩時間は、正規の勤務時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間をそれぞれの所定の勤務時間の途中におかなければならない。

2 休憩時間に対しては、給与を支給しない。

第6条 削除

(勤務時間等)

第7条 職員の勤務時間、休憩時間及び週休日(以下「勤務時間等」という。)は、別表のとおりとする。ただし、育児短時間勤務職員等及び定年前再任用短時間勤務職員の勤務時間等については、松戸市職員の勤務時間、休日及び休暇等に関する条例(昭和43年松戸市条例第9号。以下「勤務時間条例」という。)の適用を受ける職員の例によるものとする。

2 管理者は、業務その他の都合により必要と認めるときは、勤務時間等を繰上げ又は繰下げる等の方法により変更することができる。

3 管理者は、前項の規定により週休日を変更する場合については、勤務時間条例の適用を受ける職員の例によるものとする。

(休日)

第8条 職員は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日法による休日」という。)には、正規の勤務時間においても勤務することを要しない。12月29日から翌年の1月3日までの日(祝日法による休日を除く。)についても、同様とする。

(休日の代休日又は半代休日)

第8条の2 休日の代休日又は半代休日は、勤務時間条例の適用を受ける職員の例による。

第9条及び第10条 削除

(時間外勤務及び休日勤務)

第11条 管理者は、公務のため必要があるときは、職員に対し正規の勤務時間を超えて勤務することを命じ、又は週休日若しくは第8条及び第8条の2の規定により勤務することを要しないとされる日に勤務することを命ずることができる。ただし、当該職員が育児短時間勤務職員等である場合には、公務の運営に著しい支障が生ずると認められる場合として管理者が定める場合に限り、当該育児短時間勤務職員等に対し、正規の勤務時間を超えて勤務することを命じ、又は週休日若しくは第8条及び第8条の2の規定により勤務することを要しないとされる日に勤務することを命ずることができる。

(休暇)

第12条 職員の休暇は、勤務時間条例の規定を準用する。

(育児休業及び育児短時間勤務)

第13条 職員の育児休業は、松戸市職員の育児休業等に関する条例(平成4年松戸市条例第19号。以下「育児休業条例」という。)第2条から第7条までの規定を準用する。

2 職員の育児短時間勤務は、育児休業条例第8条から第16条までの規定を準用する。

(部分休業)

第14条 管理者は、職員が請求した場合において、業務の運営に支障がないと認めるときは、当該職員がその小学校就学の始期に達するまでの子を養育するため1日の勤務時間の一部(2時間を超えない範囲内の時間に限る。)について勤務しないこと(以下「部分休業」という。)を承認することができる。

2 職員の部分休業は、育児休業条例第17条第18条及び第20条の規定を準用する。

(育児休業等の手続等)

第15条 育児休業、育児短時間勤務及び部分休業の手続等は、松戸市職員の育児休業等の手続等に関する規則(平成4年松戸市規則第21号)の規定を準用する。

(懲戒)

第17条 職員の懲戒は、職員の懲戒の手続および効果に関する条例(昭和26年松戸市条例第40号)の規定を準用する。

(表彰)

第18条 職員の表彰は、松戸市職員表彰規則(昭和42年松戸市規則第25号)の規定を準用する。

(会計年度任用職員の勤務時間、休暇等)

第19条 地方公務員法第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員の勤務時間、休暇等については、第4条から前条までの規定にかかわらず、その職務の性質等を考慮して、管理者が定める。

(その他必要な事項)

第20条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(昭和43年8月15日松戸市水道事業規程第11号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和43年4月1日から適用する。

(昭和47年4月1日松戸市水道事業規程第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

(昭和54年10月1日松戸市水道事業規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

(昭和59年3月31日松戸市水道事業規程第2号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

(昭和63年4月1日松戸市水道事業規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成元年5月19日松戸市水道事業規程第6号)

この規則は、平成元年5月21日から施行する。

(平成2年4月21日松戸市水道事業規程第4号)

この規程は、平成2年4月22日から施行する。

(平成4年3月31日松戸市水道事業規程第1号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

(平成4年6月26日松戸市水道事業規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成4年12月22日松戸市水道事業規程第9号)

この規程は、平成4年12月27日から施行する。

(平成6年3月31日松戸市水道事業規程第2号)

この規程は、平成6年4月1日から施行する。

(平成7年3月30日松戸市水道事業規程第1号)

この規程は、平成7年4月1日から施行する。

(平成13年4月1日松戸市水道事業規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成16年3月31日松戸市水道事業規程第1号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

(平成16年8月31日松戸市水道事業規程第3号)

この規程は、平成16年9月1日から施行する。

(平成17年3月31日松戸市水道事業規程第6号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

(平成17年8月18日松戸市水道事業規程第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成19年3月31日松戸市水道事業規程第7号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

(平成21年3月27日松戸市水道事業規程第4号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

(平成23年3月31日松戸市水道事業規程第4号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

(平成25年3月29日松戸市水道事業規程第2号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

(平成28年3月28日松戸市水道事業規程第5号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

(令和2年3月31日松戸市水道事業規程第3号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

(令和3年3月30日松戸市水道事業規程第1号)

この規程は、令和3年4月1日から施行する。

(令和5年3月24日松戸市水道事業規程第1号抄)

(施行期日)

1 この規程は、令和5年4月1日から施行する。

(水道企業職員就業規則の一部改正に伴う経過措置)

2 地方公務員法の一部を改正する法律(令和3年法律第63号。以下「改正法」という。)附則第4条第1項又は第2項の規定により採用された職員(以下「暫定再任用職員」という。)及び同法附則第6条第1項又は第2項の規定により採用された職員(以下「暫定再任用短時間勤務職員」という。)で地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の4第1項に規定する短時間勤務の職を占めるものは、第1条の規定による改正後の水道企業職員就業規則(以下この項において「新規程」という。)第4条第3項に規定する定年前再任用短時間勤務職員(以下「定年前再任用短時間勤務職員」という。)とみなして、新規程の規定を適用する。

(定年退職者等の再任用に関する経過措置)

4 暫定再任用職員の給料月額は、当該暫定再任用職員が改正後の規程第7条の3に規定する定年前再任用短時間勤務職員であるものとした場合に適用される改正後の給与規程第7条に規定する給料表の定年前再任用短時間勤務職員の項に掲げる基準給料月額のうち、第8条に規定する当該暫定再任用職員の属する職務の級に応じた額とする。

5 暫定再任用短時間勤務職員の給料月額は、当該暫定再任用短時間勤務職員が定年前再任用短時間勤務職員であるものとした場合に適用される改正後の給与規程第7条に規定する給料表の定年前再任用短時間勤務職員の項に掲げる基準給料月額のうち、第8条に規定する当該暫定再任用短時間勤務職員の属する職務に応じた額に、水道企業職員就業規則(昭和43年松戸市水道事業規程第4号)第4条第3項の規定により定められた当該暫定再任用短時間勤務職員の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額とする。

6 暫定再任用職員及び暫定再任用短時間勤務職員は、定年前再任用短時間勤務職員とみなして、改正後の給与規程第19条第16項及び第20条第5項規定を適用する。

7 暫定再任用短時間勤務職員は、定年前再任用短時間勤務職員とみなして、改正後の給与規程第15条第2項及び同条第3項の規定を適用する。

8 前各項に定めるもののほか、暫定再任用職員及び暫定再任用短時間勤務職員に関し必要な事項は、管理者が定める。

別表(第7条関係)

勤務時間

休憩時間

週休日

月曜日から金曜日まで

午前8時30分から午後5時まで

午後0時15分から午後1時まで

日曜日及び土曜日

水道企業職員就業規則

昭和43年4月1日 水道事業規程第4号

(令和5年4月1日施行)

体系情報
第15編 公営企業/第2章 水道事業
沿革情報
昭和43年4月1日 水道事業規程第4号
昭和43年8月15日 水道事業規程第11号
昭和47年4月1日 水道事業規程第1号
昭和54年10月1日 水道事業規程第3号
昭和59年3月31日 水道事業規程第2号
昭和63年4月1日 水道事業規程第1号
平成元年5月19日 水道事業規程第6号
平成2年4月21日 水道事業規程第4号
平成4年3月31日 水道事業規程第1号
平成4年6月26日 水道事業規程第6号
平成4年12月22日 水道事業規程第9号
平成6年3月31日 水道事業規程第2号
平成7年3月30日 水道事業規程第1号
平成13年4月1日 水道事業規程第2号
平成16年3月31日 水道事業規程第1号
平成16年8月31日 水道事業規程第3号
平成17年3月31日 水道事業規程第6号
平成17年8月18日 水道事業規程第7号
平成19年3月31日 水道事業規程第7号
平成21年3月27日 水道事業規程第4号
平成23年3月31日 水道事業規程第4号
平成25年3月29日 水道事業規程第2号
平成28年3月28日 水道事業規程第5号
令和2年3月31日 水道事業規程第3号
令和3年3月30日 水道事業規程第1号
令和5年3月24日 水道事業規程第1号