○松戸市立総合医療センター附属看護専門学校生徒等修学資金貸付条例

昭和45年4月1日

松戸市条例第33号

(目的)

第1条 この条例は、松戸市立総合医療センター附属看護専門学校等に在学する者で、卒業後に松戸市立総合医療センター、松戸市立福祉医療センター東松戸病院、松戸市立福祉医療センター介護老人保健施設梨香苑及び松戸市立総合医療センター附属看護専門学校(以下「病院等」という。)に勤務しようとする者に対し、学資を貸し付けることによりこれらの者の修学を容易にし、もつて病院等における看護師及び助産師の確保に資することを目的とする。

(貸付けの対象)

第2条 修学資金の貸付けを受けることができる者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 次のいずれかに該当する者

 松戸市立総合医療センター附属看護専門学校(以下「看護学校」という。)に在学する者

 看護学校を卒業した者又は病院等を退職した看護師であつて、助産師の資格を取得するため直ちに保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第20条第1号に規定する学校又は同条第2号に規定する養成所(以下「養成所等」という。)に在学するもの

(2) 看護学校又は養成所等を卒業した後、直ちに病院等に勤務する意思がある者

(貸付金額)

第3条 修学資金の貸付金額は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。

(1) 看護学校に在学する者 月額20,000円

(2) 養成所等に在学する者 月額50,000円

(貸付けの方法)

第4条 修学資金は、次条第2項の規定により貸付け決定の通知において定められる月から正規の修業期間を修了するまで毎月本人に貸付けるものとする。

(貸付けの申請及び決定)

第5条 修学資金の貸付けを受けようとする者は、病院事業規程(以下「規程」という。)の定めるところにより連帯保証人2名を立て、病院事業管理者(以下「管理者」という。)に申請しなければならない。

2 管理者は、前項の申請があつたときは、選考の上、貸付けの可否を決定し、その旨を本人に通知しなければならない。

(貸付けの決定の取消し等)

第6条 管理者は、修学資金の貸付けを受けた者(以下「借受人」という。)次の各号のいずれかに該当したときは、前条第2項の規定による貸付けの決定を取り消すものとする。この場合において管理者は、当該事由が生じた日の属する月の翌月の分から修学資金の貸付けを行なわないものとする。

(1) 死亡したとき。

(2) 退学したとき。

(3) 修学資金の貸付けを受けることを辞退したとき。

(4) 心身の故障のため修学の見込みがないと認められるとき。

(5) その他修学資金の貸付けの目的を達成する見込みがないと認められるとき。

2 管理者は、借受人が休学及び停学の処分を受け、又は1月以上引き続いて欠席したときは、当該事由の生じた日の属する月の翌月分から当該事由のやんだ日の属する月の分まで修学資金の貸付けを行なわないことができる。

3 管理者は、借受人が正当な理由がないのにかかわらず、この条例に基づく規程の規定により提出すべきものとされた必要書類を提出しないときは、修学資金の貸付けを一時保留することができる。

(返還)

第7条 借受人は、貸付け期間が満了したとき又は前条第1項の規定により修学資金の貸付けの決定が取り消されたときは、当該事由の生じた日の属する月の翌月から起算して貸付けを受けた期間(前条第2項の規定により貸付けを受けなかつた期間を除く。)に相当する期間(次条の規定により返還が猶予されたときは、当該猶予期間を合算した期間とする。)以内に月賦又は半年賦の均等払方式により借り受けた修学資金を返還しなければならない。ただし、繰り上げて返還することを妨げない。

2 前項の規定にかかわらず、管理者は、借受人が修学資金を返還すべき日までに返還しなかつたときは、期限の利益を喪失させ修学資金の全部又は一部について速やかに返還させることができる。

(返還の猶予)

第8条 管理者は、借受人が次の各号のいずれかに該当するにいたつたときは、当該各号に掲げる事由が継続する期間修学資金の返還を猶予することができる。

(1) 第6条第1項の規定により修学資金の貸付けの決定を取り消された後も引き続き看護学校又は養成所等に在学しているとき。

(2) 看護学校又は養成所等を卒業後さらに他種の養成施設において修学しているとき。

(3) 災害、病気その他やむを得ない事由により返還が著しく困難になつたとき。

(返還の免除)

第9条 管理者は、借受人が次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、修学資金の返還の債務を免除することができる。

(1) 看護学校又は養成所等を卒業した後、直ちに又はに掲げる区分に応じ、それぞれ又はに定める期間(やむを得ない事由により病院等に勤務できなかつた期間を除く。)、病院等に勤務したとき。

 看護師 3年間(修学資金の貸与期間が2年未満の場合にあつては、2年間)

 助産師(に掲げる者を除く。) 2年間

 修学資金の貸付けを受け、看護学校を卒業した者であつて、引き続き養成所等に係る修学資金の貸付けを受けた助産師 5年間

(2) 前号に規定する勤務期間中に公務に起因して死亡したとき又は公務に起因する心身の故障のため勤務することができなくなつたとき。

(3) その他管理者が特に必要があると認めたとき。

(遅延利息)

第10条 借受人は、修学資金を返還すべき日までに返還しなかつたときは、返還すべき日の翌日から返還した日までの日数に応じ、遅延をした日の時点の法定利率による遅延利息を支払わせることができる。ただし、その計算して得た額が100円未満の場合はこの限りでない。

2 管理者は、借受人が修学資金を返還すべき日までに返還しなかつたことについてやむを得ない事由があると認めるときは、前項の遅延利息を減免することができる。

(届等の提出)

第11条 管理者は、修学資金の貸付けの目的を達成するため必要があると認めるときは、規程の定めるところにより借受人に対し、必要な書類の提出を求めることができる。

(委任)

第12条 この条例の定めるもののほか、修学資金の貸付けに関し必要な事項は、規程で定める。

この条例は、昭和45年4月1日から施行する。

(昭和48年8月11日松戸市条例第39号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(国保松戸市立病院附属准看護学院設置管理条例の一部改正)

2 国保松戸市立病院附属准看護学院設置管理条例(昭和45年松戸市条例第32号)の一部を、次のように改正する。

この条例中「学院」を「准看」に改める。

(昭和52年12月22日松戸市条例第43号抄)

(施行期日)

1 この条例は、昭和53年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(高等看護学院および准看護学院学生生徒修学資金貸付条例の一部改正に伴う経過措置)

5 施行日前に改正前の貸付条例の規定によつて貸し付けた修学資金は、この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例の規定によつて貸し付けたものとみなす。

(昭和55年3月26日松戸市条例第32号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 昭和55年3月31日現在において学校に在学している者に係る修学金の額については、この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例第3条の規定にかかわらず、なお従前の例による。

(昭和58年3月28日松戸市条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和58年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 昭和58年3月31日現在において学校に在学している者に係る修学金の額については、この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例第3条の規定にかかわらず、なお従前の例による。

(昭和61年12月23日松戸市条例第35号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後において入学する者について適用し、施行日の前日において国保松戸市立病院附属看護専門学校に在学する者で施行日以後引き続き在学するものについては、なお従前の例による。

(平成4年3月27日松戸市条例第18号)

(施行期日)

1 この条例は、平成4年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後において入学する者について適用し、施行日の前日において国保松戸市立病院附属看護専門学校に在学する者で施行日以後引き続き在学するものについては、なお従前の例による。

(平成7年3月29日松戸市条例第19号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

(平成8年6月20日松戸市条例第15号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成9年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例の一部改正に伴う経過措置)

4 前項の規定による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例の規定は、施行日以後において国保松戸市立病院附属看護専門学校(以下「看護学校」という。)に入学する者について適用し、施行日前に修学資金の貸付を受けている者及び施行日の前日において看護学校に在学する者で施行日以後新たに貸付を受けようとするものについては、なお従前の例による。

(平成14年3月29日松戸市条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成16年3月26日松戸市条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒修学資金貸付条例の規定は、施行日以後に修学資金の貸付けの決定を受けた者について適用し、施行日前に修学資金の貸付けの決定を受けた者については、なお従前の例による。

(平成20年3月26日松戸市条例第15号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒等修学資金貸付条例の規定は、施行日以後に修学資金の貸付けの決定を受けた者について適用し、施行日前に修学資金の貸付けの決定を受けた者については、なお従前の例による。

(平成28年3月23日松戸市条例第12号抄)

(施行期日等)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行し、同日以後に決定する貸付けから適用する。

(施行日前に決定した貸付けに係る特例)

3 病院事業管理者は、第2条の規定による改正前の松戸市病院事業助産師及び看護師奨学金貸付条例又は第3条の規定による改正前の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒等修学資金貸付条例の規定により決定した貸付けについて、貸付けの決定を受けた者の同意を得て、第2条の規定による改正後の松戸市病院事業助産師及び看護師奨学金貸付条例又は第3条の規定による改正後の国保松戸市立病院附属看護専門学校生徒等修学資金貸付条例の規定により決定を受ける場合と同様の決定内容に変更する決定をすることができる。

(平成28年10月5日松戸市条例第37号)

この条例は、公布の日から起算して1年4月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成29年規則第58号で平成29年12月27日から施行)

(平成29年10月5日松戸市条例第28号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

松戸市立総合医療センター附属看護専門学校生徒等修学資金貸付条例

昭和45年4月1日 条例第33号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第15編 公営企業/第4章 病院事業
沿革情報
昭和45年4月1日 条例第33号
昭和48年8月11日 条例第39号
昭和52年12月22日 条例第43号
昭和55年3月26日 条例第32号
昭和58年3月28日 条例第30号
昭和61年12月23日 条例第35号
平成4年3月27日 条例第18号
平成7年3月29日 条例第19号
平成8年6月20日 条例第15号
平成14年3月29日 条例第16号
平成16年3月26日 条例第20号
平成20年3月26日 条例第15号
平成28年3月23日 条例第12号
平成28年10月5日 条例第37号
平成29年10月5日 条例第28号
令和4年3月31日 条例第18号