○目黒区役所庁舎管理規則

平成6年6月

目黒区規則第49号

目黒区役所庁舎管理規則

(趣旨)

第1条 この規則は、目黒区役所本庁舎(その敷地を含む。以下「庁舎」という。)における秩序及び美観の保持並びに火災及び盗難の予防を図り、もって公務の円滑な遂行を期するため、庁舎管理上必要な事項を定めるものとする。

(一部改正〔平成12年規則4号・14年134号・15年31号〕)

(庁舎管理者の設置及び責務)

第2条 庁舎に庁舎管理者を置き、総務部総務課長(目黒区議会の使用に係る部分にあっては、区議会事務局次長)をもって充てる。

2 庁舎管理者は、上司の命を受け、所属職員を指揮監督し、庁舎管理の責に任ずるものとする。

3 庁舎管理者が出張又は休暇その他の事故により不在(以下「不在」という。)であるときは、総務部長があらかじめ指定する職員がその職務を行う。

(一部改正〔平成15年規則31号・20年23号〕)

(庁舎の使用の許可)

第3条 庁舎において、つぎの各号のいずれかに該当する行為をしようとする者は、あらかじめ庁舎管理者の許可を受けなければならない。

(1) 多数集合して庁舎に入ろうとすること。

(2) 寄付金の募集・物品の販売・保険の勧誘その他これらに類する行為をしようとすること。

(3) 印刷物その他の文書・図画の配布又は散布をしようとすること。

(4) 張り紙若しくは印刷物の掲示又は立札・立看板等の掲出をしようとすること。

(5) 前各号に掲げる場合のほか、庁舎を本来の目的以外に一時使用しようとすること。

2 前項の規定により許可を受けようとする者は、庁舎使用許可申請書(別記第1号様式)を庁舎管理者に提出しなければならない。ただし、庁舎管理者が提出する必要がないと認める場合は、この限りでない。

3 第1項の規定による許可は、前項の規定による申請書を提出した者に対し、庁舎使用許可書(別記第2号様式)を交付して行う。

4 庁舎管理者は、前項の規定により許可をする場合は、庁舎管理上必要な条件を付けることができる。

(庁舎の使用又は立入りの禁止等)

第4条 庁舎を使用し、又は使用しようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、庁舎管理者は、庁舎の使用若しくは立入りを禁止し、又は庁舎内から退去を命ずる等必要な措置を講ずることができる。

(1) 銃器、凶器その他危険を有する物品を携帯するとき。

(2) 精神錯乱又は泥酔等により他人に迷惑をかけるおそれがあるとき。

(3) 著しく庁舎内の通行を妨げるおそれがあるとき。

(4) 庁舎内の設備、器具等を損壊するおそれがあるとき。

(5) 面会を強要し、又はけん騒にわたり秩序を乱すおそれがあるとき。

(6) 前条の許可を受けず、又は許可の条件に反し、若しくは庁舎管理者の指示に従わないとき。

(7) 前各号に掲げる場合のほか、庁舎内の秩序を乱し、公務の円滑な遂行を妨げるおそれがあるとき。

(一部改正〔平成15年規則31号・20年23号〕)

(印刷物・掲示物等の撤去)

第5条 庁舎管理者は、庁舎内における張り紙若しくは印刷物の掲示又は立札・立看板等の掲出が第3条の許可を受けず、又は許可の条件に反したとき、その他庁舎内において秩序又は美観の保持を妨げるときは、撤去を命じ、又は撤去する等必要な措置を講ずることができる。

(物品の搬入及び搬出)

第6条 庁舎管理者は、必要があると認めるときは、機械・器具・備品・材料等の物品を庁舎に搬入し、又は庁舎から搬出する者に対して、納品書又は主管課長等の発行する持出証その他の証拠の提示等を求め、又はこれを阻止する等必要な措置を講ずることができる。

(室内管理責任者の設置及び任務)

第7条 勤務時間内における庁舎内の各事務室の管理の任に充てるため、目黒区組織規則(昭和40年3月目黒区規則第4号)第8条に定める課(総務部防災課及び健康福祉部碑文谷保健センターを除く。)の長、目黒区福祉事務所処務規程(平成7年4月目黒区訓令甲第8号)第2条に定める課の長、保健所健康推進課長、保健所生活衛生課長、保健所保健予防課長、会計管理室会計課長、東部地区サービス事務所長、区議会事務局次長及び目黒区教育委員会事務局組織規則(平成23年3月目黒区教育委員会規則第2号)第2条に定める課の長を室内管理責任者とする。

2 室内管理責任者は、上司の命を受け、次の事務に従事する。

(1) 火災及び盗難その他災害の防止に関すること。

(2) その他事務室内の秩序及び美観の保持に関すること。

3 室内管理責任者が不在のときは、室内管理責任者があらかじめ指定する職員がその職務を行う。

(一部改正〔平成9年規則44号・10年36号・11年30号・12年21号・14年134号・16年58号・18年47号・19年18号・21年21号・23年16号〕)

(玄関扉の開閉)

第8条 庁舎の玄関扉は、目黒区の休日を定める条例(平成元年3月目黒区条例第1号)第1条に規定する休日(以下「休日」という。)を除き、午前8時に開き、午後7時30分に閉じる。ただし、庁舎管理者が特に必要があると認めるときは、その時間を変更することができる。

(一部改正〔平成12年規則4号・14年134号〕)

(玄関扉閉鎖後等の出入り)

第9条 庁舎管理者又は警備の職務に従事する職員は、庁舎の玄関扉の閉鎖後又は休日に庁舎に入ろうとする者があるときは、つぎに掲げる場合を除き、これを拒否することができる。

(1) 職員及びこれに準ずる者(以下「職員等」という。)については、用件及び職員証の提示がある等身分が明らかなとき。

(2) 外来者については、所管課等の承諾があるとき。

2 前項第1号の場合においては職員等登退庁簿(別記第3号様式)同項第2号の場合においては外来者名簿(別記第4号様式)に所要事項を記載しなければならない。

(総務部長の権限)

第10条 総務部長は、庁舎管理者及び室内管理責任者に対し、庁舎管理に関し必要な報告を求め、又は指示をすることができる。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、庁舎管理上必要な事項については別に定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成7年3月31日規則第20号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

付 則(平成8年4月1日規則第81号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成9年4月1日規則第44号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成10年4月1日規則第36号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成11年4月1日規則第30号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成12年2月7日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成12年3月31日規則第21号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成14年4月1日規則第36号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成14年12月27日規則第134号)

この規則は、平成15年1月6日から施行する。

付 則(平成15年4月1日規則第31号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成16年4月1日規則第58号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成18年3月31日規則第47号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成19年3月30日規則第18号抄)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年4月1日規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成21年4月1日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成23年4月1日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

目黒区役所庁舎管理規則

平成6年6月 規則第49号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第1章 規/第1節 区役所
沿革情報
平成6年6月 規則第49号
平成7年3月31日 規則第20号
平成8年4月1日 規則第81号
平成9年4月1日 規則第44号
平成10年4月1日 規則第36号
平成11年4月1日 規則第30号
平成12年2月7日 規則第4号
平成12年3月31日 規則第21号
平成14年4月1日 規則第36号
平成14年12月27日 規則第134号
平成15年4月1日 規則第31号
平成16年4月1日 規則第58号
平成18年3月31日 規則第47号
平成19年3月30日 規則第18号
平成20年4月1日 規則第23号
平成21年4月1日 規則第21号
平成23年4月1日 規則第16号