○目黒区施設建設紛争調整委員会条例施行規則

昭和52年3月

目黒区規則第19号

目黒区施設建設紛争調整委員会条例施行規則

(目的)

第1条 この規則は、目黒区施設建設紛争調整委員会条例(昭和52年3月目黒区条例第19号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(委員会への付議手続き)

第2条 条例第12条第1項の規定に基づき、紛争を目黒区施設建設紛争調整委員会(以下「委員会」という。)の調整に付すときは、区長は、つぎの各号に掲げる事項を記載した書面をもってこれをするものとする。

(1) 当事者の氏名及び住所(団体にあっては、その代表者の氏名及び主たる事務所の所在地)

(2) 当事者である区民が総代又は代理人を選任しているときは、その総代又は代理人の氏名及び住所

(3) 調整を求める事項

(4) 紛争の問題点及び交渉経過の概要

(5) 工事現場その他紛争の調整を行うに際し参考となる事項

(6) 付議の年月日

2 条例第12条第3項の規定に基づき、紛争を委員会の調整に付すときは、区長は、同条第2項の付議請求に係る紛争の実状を調査し、前項各号に掲げる事項を記載した書面をもってこれをするものとする。

(調整の開始の通知)

第3条 委員会は、条例第13条の規定に基づき、紛争の調整を開始するときは、区長から提出された前条の書面の写しを添えて、当該紛争の相手方である区民に対し、遅滞なく、書面をもってその旨を通知しなければならない。

(調整の中止の通知)

第4条 区長は、委員会の調整に付した紛争について、訴えの提起又は不服申立てがあったときは、委員会に対し、遅滞なく、書面をもってその旨を通知しなければならない。

2 委員会は、前項の通知があったときは、当該紛争の相手方である区民に対し、遅滞なく、書面をもってその旨を通知しなければならない。

(庶務)

第5条 委員会の庶務は、企画経営部政策企画課が担当する。

(一部改正〔平成12年規則48号・15年51号〕)

(委任)

第6条 この規則の施行に関し必要な事項は、区長が定める。

付 則

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

付 則(昭和59年3月31日規則第20号抄)

(施行期日)

1 この規則は、昭和59年4月1日から施行する。(後略)

付 則(平成12年3月31日規則第48号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成15年4月1日規則第51号)

この規則は、公布の日から施行する。

目黒区施設建設紛争調整委員会条例施行規則

昭和52年3月 規則第19号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
第2章 織/第2節 付属機関
沿革情報
昭和52年3月 規則第19号
昭和59年3月31日 規則第20号
平成12年3月31日 規則第48号
平成15年4月1日 規則第51号