○目黒区保健福祉サービス苦情調整委員条例施行規則

平成14年5月

目黒区規則第69号

目黒区保健福祉サービス苦情調整委員条例施行規則

(特別な利害関係にある企業等)

第2条 条例第3条第3項に規定する目黒区(以下「区」という。)と特別な利害関係にある企業その他の団体は、区に対し請負をするものをいう。

(苦情調整委員会議)

第3条 条例第5条第2項ただし書に規定する苦情調整委員の合議その他職務執行上必要な事項についての協議を行うため、苦情調整委員会議を置く。

2 苦情調整委員会議は、前項の合議又は協議の内容について提案をしようとする苦情調整委員が招集し、当該苦情調整委員が苦情調整委員会議の座長となる。

3 前項に定めるもののほか、苦情調整委員会議の運営については、苦情調整委員の合議による。

(身分を示す証明書)

第4条 条例第6条第6項に規定する身分を示す証明書は、別記第1号様式によるものとする。

(申立人の資格)

第5条 条例第10条第2号に規定する規則で定める者は、次の各号に掲げる者とする。

(1) 父母の配偶者

(2) 配偶者の父母

(3) 子の配偶者

(4) 配偶者の子

2 条例第10条第4号に規定する規則で定める者は、次の各号に掲げる者とする。

(1) 民生委員、児童委員、身体障害者相談員又は知的障害者相談員であって、本人の状況を具体的かつ的確に把握している者

(2) 苦情調整委員が特に必要があると認める者

(調査の実施等の通知)

第6条 条例第14条第2項の規定による通知は、別記第2号様式により行うものとする。

2 条例第14条第5項の規定による通知は、別記第3号様式により行うものとする。

3 条例第14条第6項の規定による通知は、申立てを受け付けた日の翌日から起算して45日以内に、別記第4号様式により行うものとする。

(勧告及び意見表明の通知)

第7条 条例第15条第3項の規定による通知は、別記第5号様式により行うものとする。

(是正の措置の報告等)

第8条 条例第16条第1項の規定による報告は、勧告を受けた日の翌日から起算して30日以内に別記第6号様式により行うものとする。

2 条例第16条第2項の規定による報告は、意見表明を受けた日の翌日から起算して90日以内に別記第7号様式により行うものとする。

3 条例第16条第3項の規定による報告は、別記第8号様式により行うものとする。

4 条例第16条第4項の規定による通知は、別記第9号様式により行うものとする。

(勧告内容等の公表)

第9条 条例第17条第1項の規定による公表は、告示、区が発行する広報紙への掲載その他の方法により行うものとする。

(運用状況の報告及び公表)

第10条 条例第18条第1項の規定による報告は、次の各号に掲げる事項を明らかにして行うものとする。

(1) 申立ての件数及び概要

(2) 申立てにより行った調査の処理状況

(3) 自己の発意により行った調査の処理状況

2 条例第18条第2項の規定による公表は、区が発行する広報紙への掲載その他の方法により行うものとする。

(庶務)

第11条 苦情調整委員及び苦情調整委員会議の庶務は、健康福祉部健康福祉計画課が担当する。

付 則

この規則は、平成14年6月1日から施行する。

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

目黒区保健福祉サービス苦情調整委員条例施行規則

平成14年5月 規則第69号

(平成14年6月1日施行)