○目黒区選挙管理委員会事務局処務規程

昭和61年4月1日

目黒区選挙管理委員会訓令甲第1号

目黒区選挙管理委員会事務局処務規程

(題名改正〔平成11年選挙管理委員会訓令1号〕)

東京都目黒区選挙管理委員会事務局処務規程(昭和46年11月東京都目黒区選挙管理委員会訓令甲第1号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、目黒区選挙管理委員会(以下「委員会」という。)の権限に属する事務執行の能率的運営と、その責任の明確を図ることを目的とする。

(一部改正〔平成11年選挙管理委員会訓令1号〕)

(係)

第2条 目黒区選挙管理委員会事務局(以下「事務局」という。)に、つぎの係を置く。

選挙係

(一部改正〔平成11年選挙管理委員会訓令1号〕)

(職員)

第2条の2 事務局に事務局長及び次長を置く。

2 係に主査を置くことができる。

3 前2項に掲げる職員のほか、必要な職員を置く。

4 事務局長、次長、係長及び主査は、委員会が任免する。

5 事務局の職員は、委員会がこれを任免する。

(職員の職名)

第3条 事務局職員の職名は、職層名及び職務名とする。

2 職層名は、参事・副参事及び主事とする。

3 職務名は、一般事務とする。ただし、委員会が指定する職員の職務名については、委員会が指定する名称をもって職務名に代えるものとする。

4 参事は事務局長の、副参事は次長の、主事はその他の職員の職層名とする。

(課長補佐等の指定)

第3条の2 委員会は、別に定める基準に基づき、係長の職を課長補佐の職として指定することができる。

2 委員会は、特に高度の知識又は技術を活用し、係長職を補佐する係員の職を、主任の職として指定することができる。

(一部改正〔平成30年選挙管理委員会訓令1号〕)

(職員の職責)

第4条 事務局長は、目黒区選挙管理委員会委員長(以下「委員長」という。)の命を受け事務局の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

2 次長は、上司の命を受け、事務局の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

3 係長は、上司の命を受け、係の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

4 主査は、上司の命を受け、係の事務のうち、特定の事務をつかさどる。

5 主査の担任事務は、委員長の承認を得て、事務局長が定める。

6 その他の職員は、上司の命を受け、事務に従事する。

(一部改正〔平成11年選挙管理委員会訓令1号〕)

(事務局の所掌事務)

第5条 事務局の処理する事務は、つぎのとおりとする。

(1) 委員会に関すること。

(2) 職員の進退及び身分に関すること。

(3) 公印の管守に関すること。

(4) 文書の受発、審査及び記録編さんに関すること。

(5) 予算・決算及び会計に関すること。

(6) 選挙人名簿の調製に関すること。

(7) 選挙執行に関すること。

(8) 直接請求に関すること。

(9) 選挙統計に関すること。

(10) 選挙争訟に関すること。

(11) 各種啓発宣伝に関すること。

(12) 目黒区明るい選挙推進協議会に関すること。

(13) 検察審査会法(昭和23年法律第147号)に関すること。

(14) 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(平成16年法律第63号)に関すること。

(15) 日本国憲法の改正手続に関する法律(平成19年法律第51号)に関すること。

(16) その他法律に定めること。

(一部改正〔平成11年選挙管理委員会訓令1号・21年1号〕)

(事案の決定)

第6条 事案の決定は、事務局長又は次長が、その決定の結果の重大性に応じて行なうものとする。

2 前項の規定に基づき、事務局長又は次長が決定すべき事案は、おおむね別表のとおりとする。

(事案決定の臨時代行)

第7条 前条の規定によりつぎの表の決定権者の欄に掲げる者が決定すべき事案について至急に決定を行う必要がある場合であって、当該事案の決定を行なう者が出張又は休暇その他の事故により不在であるときには、同表の臨時代行者の欄に掲げる者がその決定に当たるものとする。

決定権者

臨時代行者

第1順位

第2順位

事務局長

次長


次長

選挙係長又は主査


2 前項の規定により事案を決定した場合には、事後すみやかに事務局長に報告しなければならない。

3 第1項の規定にかかわらず、事務局長があらかじめ臨時代行してはならないと指定した事案については、臨時代行することができない。

(一部改正〔平成30年選挙管理委員会訓令1号〕)

(文書主任)

第8条 事務局に文書主任を置く。

2 文書主任は、選挙係長をもってこれに充てる。

(雑則)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要な事項については、区長部局の例による。

(一部改正〔平成20年選挙管理委員会訓令1号〕)

付 則(昭和62年4月1日選挙管理委員会訓令甲第1号)

この規程は、昭和62年4月1日から適用する。

付 則(平成2年3月31日選挙管理委員会訓令甲第1号)

この規程は、平成2年4月1日から適用する。

付 則(平成8年3月29日選挙管理委員会訓令甲第1号)

この規程は、平成8年4月1日から適用する。

付 則(平成21年選挙管理委員会訓令第1号)

この規程は、平成21年4月1日から適用する。

付 則(平成30年3月30日選挙管理委員会訓令第1号)

この規程は、平成30年4月1日から適用する。

別表(第6条関係)

(一部改正〔平成21年選挙管理委員会訓令1号〕)

件名

事務局長決定

次長決定

1 選挙の執行計画に関すること

1 選挙の執行計画の原案を作成すること


2 事務事業の執行に関すること

1 方針の確定している事務事業の執行方法を決定すること

2 事務事業の執行実績を報告し、又は執行上の問題点を報告すること

1 事務処理計画を決めること

3 直接請求署名簿の審査に関すること

1 審査計画の原案を作成すること

2 審査結果をまとめ、報告すること


4 名義使用に関すること

1 定例的な共催・後援・協賛等の名義使用を承認すること


5 苦情及び要望の処理に関すること

1 比較的重要な苦情及び要望を処理すること

1 軽易な苦情及び要望を処理すること

6 条例・規則・訓令等に関すること

1 条例及び訓令の原案を作成すること


7 委員会に関すること

1 事案をとりまとめて、委員会に提出すること

1 委員会の記録を作成すること

8 明るい選挙の啓発に関すること

1 明るい選挙推進委員の推薦依頼をすること

2 明るい選挙推進委員の推薦をとりまとめて、報告すること

3 啓発計画の原案を作成すること

1 計画に基づき事業を執行すること

9 検察審査会に関すること

1 検察審査員候補者予定者の選定に関すること


10 裁判員に関すること

1 裁判員候補者予定者の選定に関すること


11 国民投票に関すること

1 国民投票者名簿の調製に関すること


目黒区選挙管理委員会事務局処務規程

昭和61年4月1日 選挙管理委員会訓令甲第1号

(平成30年3月30日施行)

体系情報
第3章 権限・進行管理/第4節 処務規程・処務規則
沿革情報
昭和61年4月1日 選挙管理委員会訓令甲第1号
昭和62年4月1日 選挙管理委員会訓令甲第1号
平成2年3月31日 選挙管理委員会訓令甲第1号
平成8年3月29日 選挙管理委員会訓令甲第1号
平成11年4月1日 選挙管理委員会訓令第1号
平成20年4月1日 選挙管理委員会訓令第1号
平成21年 選挙管理委員会訓令第1号
平成30年3月30日 選挙管理委員会訓令第1号