○目黒区議会委員会傍聴規程

平成13年3月21日

目黒区議会告示第2号

目黒区議会委員会傍聴規程

(趣旨)

第1条 この規程は、目黒区議会委員会条例(昭和34年11月目黒区条例第17号)第16条第2項の規定に基づき、目黒区議会の委員会の傍聴に関し必要な事項を定めるものとする。

(傍聴の申込み)

第2条 委員会を傍聴しようとする者は、議会事務局に申込書を提出しなければならない。

(傍聴人の入場)

第3条 傍聴人が入場しようとするときは、議長が指定する職員の指示に従わなければならない。

(傍聴人の数)

第4条 傍聴人の数は、委員長が決める。

(傍聴することができない者)

第5条 次の各号のいずれかに該当する者は、傍聴することができない。

(1) 銃器その他、人に危害を加えるおそれがある物を携帯している者

(2) 酒気を帯びていると認められる者

(3) 張り紙、ビラ、掲示板、プラカード、旗、のぼり、ヘルメットの類を携帯又は着用している者

(4) ラジオ、拡声器、無線機、マイク、録音機、写真機、撮影機の類を携帯している者。ただし、第7条の規定により、撮影又は録音することにつき委員長の承認を受けた者を除く。

(5) その他議事を妨害し、又は人に迷惑を及ぼすおそれのある物を携帯している者

(一部改正〔平成15年議会告示2号〕)

(傍聴人の守るべき事項)

第6条 傍聴人は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 帽子、マフラー、オーバーコートの類を着用しないこと。ただし、病気その他の理由により委員長の許可を得たときはこの限りでない。

(2) 飲食又は喫煙をしないこと。

(3) 鉢巻、たすきの類をする等示威的行為をしないこと。

(4) 委員会室における言論に対して拍手その他の方法により可否を表明しないこと。

(5) 他人に迷惑をかける行為をしないこと。

(6) その他委員会の秩序を乱し、又は議事の妨害となるような行為をしないこと。

(一部改正〔平成15年議会告示2号・30年2号〕)

(撮影及び録音等の制限)

第7条 傍聴人は、委員会室において撮影し、又は録音しようとするときは、あらかじめ委員長の承認を受けなければならない。

(一部改正〔平成15年議会告示2号〕)

(違反者に対する措置)

第8条 傍聴人がこの規程に違反したときは、委員長はこれを制止し、その命令に従わないときは、これを退場させることができる。

付 則

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

付 則(平成15年3月1日議会告示第2号)

この規程は、平成15年3月1日から施行する。

付 則(平成30年2月15日議会告示第2号)

この規程は、平成30年2月20日から施行する。

目黒区議会委員会傍聴規程

平成13年3月21日 議会告示第2号

(平成30年2月20日施行)

体系情報
第4章 区議会・教育委員会・選挙・監査/第1節 区議会
沿革情報
平成13年3月21日 議会告示第2号
平成15年3月1日 議会告示第2号
平成30年2月15日 議会告示第2号