○目黒区青少年委員の設置に関する規則

昭和40年4月

目黒区教育委員会規則第9号

目黒区青少年委員の設置に関する規則

(目的)

第1条 この規則は、青少年委員の職務その他青少年委員に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 青少年教育の振興を図るため、目黒区教育委員会(以下「委員会」という。)に目黒区青少年委員(以下「委員」という。)をおく。

(職務)

第3条 委員の職務は、つぎのとおりとする。

(1) 青少年の余暇指導に関すること。

(2) 青少年団体の育成に関すること。

(3) 青少年指導者に対する援助に関すること。

(4) 官公署、学校及び青少年関係団体相互の連絡に関すること。

(5) その他青少年教育の振興に関すること。

(任命)

第4条 委員は、つぎの各号に該当する者のうちから委員会が任命する。

(1) 区内に住所又は勤務場所を有する者

(2) 人格が高潔で、青少年団体に関する識見を有し、かつ相当な実績をあげ指導能力があると認められる者

(定数)

第5条 委員の定数は、46人以内とする。

(任期)

第6条 委員の任期は、2年とし再任することができる。ただし、特別の事由があるときは、2年の範囲内で、任期を別に定めることができる。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(服務)

第7条 委員は、非常勤とする。

2 委員は、第3条の職務遂行のため、常に委員会の方針に従い、必要な知識の修得につとめなければならない。

(解任)

第8条 委員が、つぎの各号の一に該当する場合は、その任務を解くことができる。

(1) 自己の都合により辞職を申し出た場合

(2) 予算の減少により、過員を生じた場合

(3) その他委員会が任務を解くことを適当と認めた場合

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、この規則施行に関し必要な事項は教育長が定める。

付 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行のさい現に目黒区在勤の東京都青少年委員であった者は、この規則により任命されたものとみなし、その任期は昭和41年3月31日までとする。

付 則(昭和41年4月1日教育委員会規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和44年4月23日教育委員会規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和44年4月1日から適用する。

付 則(昭和46年6月8日教育委員会規則第14号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和46年4月1日から適用する。

付 則(昭和47年6月13日教育委員会規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和47年5月1日から適用する。

付 則(昭和57年3月12日教育委員会規則第2号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

付 則(昭和58年4月1日教育委員会規則第6号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

付 則(昭和60年2月26日教育委員会規則第1号)

この規則は、昭和60年4月1日から施行する。

目黒区青少年委員の設置に関する規則

昭和40年4月 教育委員会規則第9号

(昭和60年4月1日施行)

体系情報
第4章 区議会・教育委員会・選挙・監査/第2節 教育委員会
沿革情報
昭和40年4月 教育委員会規則第9号
昭和41年4月1日 教育委員会規則第5号
昭和44年4月23日 教育委員会規則第1号
昭和46年6月8日 教育委員会規則第14号
昭和47年6月13日 教育委員会規則第3号
昭和57年3月12日 教育委員会規則第2号
昭和58年4月1日 教育委員会規則第6号
昭和60年2月26日 教育委員会規則第1号