○職員の職名に関する規則に基づく区長の指定に関する要綱

平成7年4月

目黒区目総職第39号

職員の職名に関する規則に基づく区長の指定に関する要綱

第1 職員の職名に関する規則(昭和46年4月目黒区規則第15号。以下「規則」という。)第1条において区長が指定することとされている職員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員とする。

第2 規則別表第7号において区長が指定することとされている職員は、次のとおりとする。

1 目黒区組織規則(昭和40年3月目黒区規則第4号。以下「組織規則」という。)に定める部長、担当部長、参事、課長、担当課長、副参事、係長、担当係長、主査、本庁行政機関の長及び地方行政機関の長の職にある職員

2 組織規則第17条及び第20条の規定に基づき、本庁行政機関の内部組織及び地方行政機関の内部組織を定める規程(以下「組織を定める規程」という。)に定める第2の1に掲げる職に相当する職にある職員

第3 規則別表第7号において区長が指定することとされている名称は、次のとおりとする。

1 第2の1に掲げる職員のうち部長、室長、課長、係長、担当係長、主査、本庁行政機関の長及び地方行政機関の長については、組織規則に基づく組織の名称を用いたもの

2 第2の1に掲げる職員のうち担当部長、参事、担当課長及び副参事については、組織規則第9条第2項若しくは第3項又は第9条の2第2項若しくは第3項に定める名称を用いたもの

3 第2の2に掲げる職員については、組織を定める規程に基づく組織の名称を用いたもの

付 則

この要綱は、平成7年4月1日から施行する。

付 則(平成9年4月1日目総職第66号)

この要綱は、平成9年4月1日から施行する。

付 則(平成12年4月1日目総職第18号)

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成15年4月1日目総職第1957号)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

付 則(令和元年12月25日目総人第4469号)

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

職員の職名に関する規則に基づく区長の指定に関する要綱

平成7年4月 目総職第39号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第6章 事/第1節 人事総則
沿革情報
平成7年4月 目総職第39号
平成9年4月1日 目総職第66号
平成12年4月1日 目総職第18号
平成15年4月1日 目総職第1957号
令和元年12月25日 目総人第4469号