○目黒区統括課長、課長補佐及び主任の職の指定等に関する規程

昭和62年4月

目黒区訓令甲第10号

目黒区統括課長、課長補佐及び主任の職の指定等に関する規程

(題名改正〔平成30年訓令1号〕)

(趣旨)

第1条 この規程は、統括課長、課長補佐及び主任の職の指定等に関し必要な事項を定めるものとする。

(一部改正〔平成30年訓令1号〕)

(定義)

第2条 この規程において、次に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 課長 目黒区組織規則(昭和40年3月目黒区規則第4号。以下「組織規則」という。)第9条の2に定める課長、担当課長及び副参事、組織規則第5条に定める本庁行政機関(以下「本庁行政機関」という。)の長及び組織規則第6条に定める地方行政機関(以下「地方行政機関」という。)の長でこれらに相当する職並びに本庁行政機関の内部組織及び地方行政機関の内部組織を定める規程(以下「組織を定める規程」という。)並びに目黒区会計管理室の組織に関する規則(平成19年3月目黒区規則第17号)に定めるこれらに相当する職をいう。

(2) 係長 組織規則第9条の3に定める係長及び担当係長、本庁行政機関の長及び地方行政機関の長でこれらに相当する職並びに組織を定める規程及び目黒区会計管理室の組織に関する規則に定めるこれらに相当する職をいう。

(一部改正〔平成12年訓令10号・16年11号・19年1号〕)

(統括課長の職の指定)

第3条 区長は、別に定める基準に基づき、重要かつ困難な事務をつかさどる課長の職を統括課長の職として指定することができる。

(一部改正〔平成30年訓令1号〕)

(課長補佐の職の指定)

第4条 区長は、別に定める基準に基づき、特に重要かつ困難な事務を処理し、課長を補佐する係長の職を課長補佐の職として指定することができる。

(一部改正〔平成11年訓令7号・30年1号〕)

(主任の職の指定)

第5条 区長は、特に高度の知識又は技術を活用し、係長職を補佐する係員の職を主任の職として指定することができる。

(一部改正〔平成30年訓令1号〕)

(統括課長等の任免)

第6条 統括課長、課長補佐及び主任の任免は、区長が行う。

(一部改正〔平成30年訓令1号〕)

(委任)

第7条 第3条から前条までに定めるもののほか、統括課長、課長補佐及び主任の職の指定等について必要な事項は、別に定める。

(一部改正〔平成30年訓令1号〕)

付 則(平成12年3月31日訓令第10号)

この規程は、平成12年4月1日から適用する。

付 則(平成19年3月30日訓令第1号抄)

1 この規程は、平成19年4月1日から適用する。

付 則(平成30年3月30日訓令第1号)

この規程は、平成30年4月1日から適用する。

目黒区統括課長、課長補佐及び主任の職の指定等に関する規程

昭和62年4月 訓令甲第10号

(平成30年3月30日施行)

体系情報
第6章 事/第1節 人事総則
沿革情報
昭和62年4月 訓令甲第10号
平成元年4月1日 訓令甲第21号
平成8年1月26日 訓令甲第1号
平成11年4月1日 訓令第7号
平成12年3月31日 訓令第10号
平成16年4月1日 訓令第11号
平成19年3月30日 訓令第1号
平成30年3月30日 訓令第1号