○目黒区服務監察規程

平成18年3月

目黒区訓令第9号

目黒区服務監察規程

(目的)

第1条 この規程は、区長の服務監察機関が行う職員の服務に関する監察及びその処理に当たっての基本的事項を定めることにより、監察事務の迅速かつ厳正な実施を図り、もって職員の非行及び事故の発生を予防するとともに服務規律を確保し、区民の信託にこたえる公正で効率的な区政運営を推進することを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 服務監察 予防監察及び事故監察をいう。

(2) 予防監察 職員の服務状況及び服務に関する事務事業の内容を監察することをいう。

(3) 事故監察 服務に関する法令等の諸規定に違反し、又は違反する疑いがあると認められる職員及びその関係者並びにこれらに関する諸資料等を監察することをいう。

(服務監察の対象)

第3条 服務監察は、目黒区に勤務する一般職の職員(以下「職員」という。)について行う。

(一部改正〔平成30年訓令21号〕)

(服務監察事項)

第4条 服務監察は、次に掲げる事項について行う。

(1) 職務に関して発生した職員の非行若しくは事故又はその疑いがある行為に関すること。

(2) 職員の信用失墜行為又はその疑いがある行為に関すること。

(3) 前2号に定めるもののほか、職員の服務状況に関すること。

(4) 職員の服務に関する事務事業に関すること。

(5) 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の2の2の規定に基づく職員の賠償責任の調査に関すること。

(6) その他区長が特に必要があると認める事項

(一部改正〔令和2年訓令4号〕)

(服務監察の実施機関)

第5条 服務監察は、区長の命により、主任監察員の調整の下に副主任監察員及び監察員が実施する。

2 主任監察員は、総務部長の職にある者をもって充てる。

3 副主任監察員は、総務部人事課長の職にある者をもって充てる。

4 監察員は、総務部人事課人事係長の職にある者及び総務部人事課勤労担当係長の職にある者をもって充てる。

5 区長は、服務監察の実施に当たり必要があると認めるときは、別に主任監察員、副主任監察員及び監察員(以下「監察員等」という。)を指定することができる。

(一部改正〔平成30年訓令21号〕)

(監察員等の責務)

第6条 監察員等は、服務監察を行うに当たっては、公正を旨とし、区民の信託に応えなければならない。

2 監察員等は、事故監察に当たっては、事故監察の対象となる職員の人権を侵害しないように努めなければならない。

3 服務監察の内容は、機密とし、監察員等は、その保持に努めなければならない。

4 監察員等は、服務監察に関し、関係機関と密接な連携を保ち、意思の疎通を図るように努めなければならない。

(一部改正〔平成30年訓令21号〕)

(服務監察の基本的事項の策定等)

第7条 主任監察員(第5条第2項の主任監察員に限る。次項において同じ。)は、予防監察の基本計画等服務監察の基本的事項を策定し、区長の決定を受けなければならない。

2 主任監察員は、予防監察を実施するに当たっては、前項の基本計画に基づき実施計画を策定しなければならない。

(一部改正〔平成30年訓令21号〕)

(服務監察資料の提出等)

第8条 監察員等は、服務監察に関し必要があると認めるときは、関係する部長(これに相当する者を含む。以下同じ。)等に対し、調査書、報告書等関係資料の提出又は立会い若しくは説明を求めることができる。

2 監察員等は、服務に関する法令等の諸規定に違反し、又は違反する疑いがあると認められる職員から事情を聴取することができる。

3 監察に当たっては、関係する部長等及びその所属職員は、監察員等に協力しなければならない。

(非行及び事故の報告等)

第9条 部長は、第4条第1号第2号及び第5号に該当する事実を知ったときは、遅滞なく主任監察員を経て区長に報告しなければならない。

2 区長は、前項の規定による報告を受理したときは、直ちに主任監察員に事故監察を命ずるものとする。

(服務監察結果の報告)

第10条 主任監察員は、副主任監察員の作成した予防監察を行った事項についての改善意見書又は事故監察を行った事項についての措置意見書により、服務監察の結果を区長に報告しなければならない。

2 副主任監察員は、前項の改善意見書又は措置意見書を作成するに当たっては、主任監察員の意見を求めなければならない。

(服務監察結果に基づく措置命令)

第11条 区長は、前条第1項の規定による報告に基づき必要があると認めるときは、関係する部長に対し必要な措置をとることを命ずるものとする。

(措置状況の報告)

第12条 部長は、前条の規定により措置命令を受けた事項については、速やかに必要な措置を講じ、そのてん末を主任監察員を経て区長に報告しなければならない。

付 則

この規程は、平成18年4月1日から適用する。

目黒区服務監察規程

平成18年3月 訓令第9号

(令和2年4月1日施行)