○職員出勤記録整理規程

平成19年8月

目黒区訓令第18号

職員出勤記録整理規程

職員出勤記録および出勤簿整理規程(平成3年12月目黒区訓令甲第19号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は、職員の出勤記録の整理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 出勤記録 庶務事務システム(職員の勤務状況等に関する事務を電子計算組織により処理する情報処理システムをいう。以下同じ。)における電子計算組織を利用して行う職員の出勤等に関する記録

(整理保管者)

第3条 出勤記録の整理保管は、区長が指定する者(以下「整理保管者」という。)が行う。

(出勤記録の確認等)

第4条 整理保管者は、その指定する者(以下「管理者」という。)をして、毎日出勤時限後、出勤記録を庶務事務システムにより確認させなければならない。この場合において、服務規程第6条第2項に規定する職員に係る出勤記録については、出勤確認簿と照合させなければならない。

2 整理保管者は、管理者をして、出勤記録について職員の勤務等の事実と照合し、当該事実と異なるときは速やかに庶務事務システムにより出勤記録を修正させなければならない。

(整理保管者の報告)

第5条 総務部長は、必要があると認めるときは、整理保管者に対して職員の出勤等の状況について報告を求めることができる。

(委任)

第6条 この規程の施行に関し必要な事項は、総務部長が定める。

付 則

この規程は、平成19年9月1日から適用する。

職員出勤記録整理規程

平成19年8月 訓令第18号

(平成19年9月1日施行)

体系情報
第6章 事/第2節
沿革情報
平成19年8月 訓令第18号