○職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程

平成10年3月

目黒区訓令第4号

職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程

職員の勤務時間・休日・休暇等に関する規程(昭和43年12月東京都目黒区訓令甲第14号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第57条に規定する単純な労務に雇用される職員(以下「職員」という。)の勤務時間、休日、休暇等について必要な事項を定めるものとする。

(正規の勤務時間)

第2条 職員の正規の勤務時間は、休憩時間を除き、1週間について38時間45分とする。

(一部改正〔平成21年訓令10号〕)

(週休日)

第3条 日曜日及び土曜日は、週休日(正規の勤務時間を割り振らない日をいう。以下同じ。)とする。

(正規の勤務時間の割振り)

第4条 職員の正規の勤務時間の割振りは、月曜日から金曜日までのそれぞれにおいて、次条に規定する休憩時間を除き、午前8時30分から午後5時15分までとする。ただし、所属長は、必要があると認める場合は、職員の正規の勤務時間の割振りを、月曜日から金曜日までのそれぞれにおいて、次条に規定する休憩時間を除き、午前8時15分から午後5時まで又は午前8時45分から午後5時30分までとすることができる。

(休憩時間)

第5条 職員の休憩時間は、午後0時から午後1時までとする。

2 前条の正規の勤務時間を超えて勤務する職員の休憩時間は、勤務時間が正規の勤務時間を含み6時間を超える場合は1時間、継続して一昼夜にわたる場合は1時間30分とし、その時限は命令権者が定める。

(一部改正〔平成21年訓令10号〕)

(兼務職員の勤務時間)

第6条 2以上の職を兼ねる職員の勤務時間、休憩時間等は、任命権者が定めることができる。

(一部改正〔平成21年訓令10号〕)

(特例)

第7条 職務の性質により第2条から第5条までの規定によることができない職員並びにその職員の正規の勤務時間の割振り、週休日及び休憩時間は、別表のとおりとする。この場合において、職員の正規の勤務時間は、1週間当たり38時間45分とする。

2 任命権者は、職務の遂行上特に必要があるときは、第2条から前条まで及び前項に規定する勤務時間、休憩時間等を臨時に変更することができる。

3 任命権者は、第1項の規定により職員の週休日及び職員の正規の勤務時間の割振りについて定める場合には、4週間を超えない期間ごとにこれを定めなければならない。

(一部改正〔平成21年訓令10号〕)

(準用)

第8条 第2条から前条までに定めるもののほか、職員の勤務時間、休日、休暇等については、職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(平成10年3月目黒区条例第4号)の適用を受ける者の例による。

(一部改正〔平成21年訓令10号・令和元年4号〕)

(会計年度任用職員の勤務時間等)

第9条 第2条から前条までの規定にかかわらず、職員のうち、地方公務員法第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員として任用される者の勤務時間、休日、休暇等については、特別の定めがある場合を除き、会計年度任用職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規則(令和元年12月目黒区規則第31号)の適用を受ける者の例による。

(追加〔令和元年訓令4号〕)

付 則

この規程は、平成10年4月1日から施行する。

(一部改正〔平成21年訓令10号〕)

付 則(平成12年3月31日訓令第16号)

この規程は、平成12年4月1日から適用する。

付 則(平成13年3月30日訓令第17号)

この規程は、平成13年4月1日から適用する。

付 則(平成14年5月31日訓令第13号)

この規程は、平成14年6月1日から適用する。

付 則(平成14年12月27日訓令第41号)

この規程は、平成15年1月6日から適用する。

付 則(平成19年3月30日訓令第1号抄)

1 この規程は、平成19年4月1日から適用する。

付 則(令和元年12月25日訓令第4号)

この規程は、令和2年4月1日から適用する。

別表(第7条関係)

(全部改正〔平成21年訓令10号〕、一部改正〔平成27年訓令6号〕)

所属

種別

正規の勤務時間

休憩時間

週休日

総務部総務課

警備の職務に従事する職員

4週間を通じ1週間について平均38時間45分勤務するものとし、その割振りは、次のとおりとする。ただし、勤務の組合せは、総務部長が定める。

(1) 午後4時から翌日の午前9時15分まで

(2) 午前9時から翌日の午前9時30分まで

(1)は1時間、(2)は45分ずつ2回とし、それぞれの時限は、総務部長が定める。

仮眠のための休憩時間は4時間とし、その時限は、総務部長が定める。

毎4週間につき6日となるように区長が定める日

保育園

保育園に勤務する職員

午前8時30分から午後6時45分までの間において、4週間を通じ1週間について平均38時間45分勤務するものとし、その割振りは、子育て支援部長が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、子育て支援部長が定める。

日曜日及び毎4週間につき4日となるように区長が定める日

清掃事務所

清掃事務所に勤務する職員

午前7時40分から午後5時15分までの間において、4週間を通じ1週間について平均38時間45分勤務するものとし、その割振りは、環境清掃部長が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、環境清掃部長が定める。

日曜日及び毎4週間につき4日となるように区長が定める日

八雲中央図書館

図書館に勤務する職員

午前8時30分から午後10時までの間において、4週間を通じ1週間について平均38時間45分勤務するものとし、その割振りは、教育長が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、教育長が定める。

毎4週間につき8日となるように教育長が定める日

小学校

中学校

幼稚園

小学校、中学校及び幼稚園に勤務する職員。ただし、警備の職務に従事する職員を除く。

1週間について38時間45分勤務するものとし、その割振りは、教育長が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、教育長が定める。

日曜日及び土曜日

警備の職務に従事する職員

4週間を通じ1週間について平均38時間45分勤務するものとし、その割振りは、教育長が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は、1時間、勤務時間が継続して一昼夜にわたる場合は45分ずつ2回とし、その時限は、教育長が定める。

仮眠のための休憩時間は5時間とし、その時限は、教育長が定める。

毎4週間につき5日となるように教育長が定める日

職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程

平成10年3月 訓令第4号

(令和元年12月25日施行)

体系情報
第6章 事/第3節 勤務時間・職免
沿革情報
平成10年3月 訓令第4号
平成11年4月1日 訓令第13号
平成12年3月31日 訓令第16号
平成12年11月24日 訓令第64号
平成13年3月30日 訓令第17号
平成14年4月1日 訓令第10号
平成14年5月31日 訓令第13号
平成14年7月1日 訓令第16号
平成14年9月20日 訓令第21号
平成14年11月1日 訓令第29号
平成14年12月27日 訓令第41号
平成15年4月1日 訓令第15号
平成17年12月1日 訓令第12号
平成19年3月30日 訓令第1号
平成20年4月1日 訓令第8号
平成21年4月1日 訓令第10号
平成27年4月1日 訓令第6号
令和元年12月25日 訓令第4号