○職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則

平成11年3月

目黒区規則第16号

職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則

(趣旨)

第1条 この規則は、職員の特殊勤務手当に関する条例(平成11年3月目黒区条例第7号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

第2条及び第3条 削除

(削除〔平成21年規則7号〕)

(特殊勤務手当の支給額等)

第4条 条例第5条第2項の規定による特定危険現場作業手当の額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 条例第5条第1項第1号に規定する場合 従事した日1日につき420円

(2) 条例第5条第1項第2号に規定する場合 従事した日1日につき1,060円

(一部改正〔平成13年規則85号・17年45号・21年7号・24年16号・27年14号〕)

第5条 削除

(削除〔平成21年規則7号〕)

第6条 条例第7条第2項の規定による福祉業務手当の額は、従事した日1日につき490円とする。

(全部改正〔平成27年規則14号〕)

第7条 条例第8条第2項の規定による児童相談所関係業務手当の額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 条例第8条第1項第1号に規定する場合 従事した日1日につき490円

(2) 条例第8条第1項第2号に規定する場合 従事した日1日につき1,470円

(全部改正〔令和2年規則13号〕)

第8条 条例第9条第2項の規定による防疫等業務手当の額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 条例第9条第1項第1号に規定する場合 次の及びに掲げる区分に応じ、それぞれ及びに定める額

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条第2項及び第9項に規定する感染症の患者に接し、又は当該病原体等に接触する業務に従事した場合 従事した日1日につき700円

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第3項(第2号を除く。)及び第4項に規定する感染症の患者に接し、又は当該病原体等に接触する業務に従事した場合 従事した日1日につき310円

(2) 条例第9条第1項第2号に規定する場合 従事した日1日につき180円

(一部改正〔平成13年規則85号・15年102号・17年45号・19年12号・20年58号・21年7号・24年16号〕)

第9条 条例第10条第1項の規則で定める職は、自動車運転Ⅱ、自動車整備、作業Ⅲ及び設備管理とする。

2 条例第10条第2項の規定による清掃関係業務手当の額は、従事した日1日につき700円とする。

(追加〔平成17年規則45号〕、一部改正〔平成18年規則21号・27年14号〕)

(支給日)

第10条 特殊勤務手当(以下「手当」という。)は、その月分を翌月の給料の支給日に支給する。ただし、事務手続上これにより難い場合は、当該支給日以外の日に支給することができる。

(一部改正〔平成13年規則85号・17年45号・27年14号〕)

(特別区人事委員会への報告)

第11条 条例第12条の規定による報告は、特別区人事委員会(以下「人事委員会」という。)の定めるところにより、手当の種類、支給範囲及び支給額について定めたときから2週間以内に行うものとする。

2 前項に規定するもののほか、任命権者は、人事委員会の定めるところにより、毎年1回、手当に関し必要な事項を人事委員会に報告するものとする。

(一部改正〔平成13年規則85号・17年45号・27年14号〕)

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

(一部改正〔平成13年規則85号・17年45号・27年14号〕)

付 則

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

付 則(平成13年11月30日規則第85号)

1 この規則は、平成13年12月16日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。

(1) 第8条の改正規定(同条第3号を削る部分を除く。) 平成13年12月1日

(2) 第2条の改正規定(「990円」を「1,000円」に改める部分を除く。)、第5条の改正規定、第6条の改正規定(同条第5号を削る部分に限る。)、第8条の改正規定(同条第3号を削る部分に限る。)、第12条を削る改正規定、第13条の改正規定(「1,220円」を「1,240円」に改める部分、「1,860円」を「1,880円」に改める部分及び「1,090円」を「1,100円」に改める部分を除く。)、第14条の改正規定(「600円」を「610円」に改める部分を除く。)、第15条を第14条とする改正規定、第16条の改正規定及び第17条を第16条とする改正規定並びに付則第4項の規定 平成14年4月1日

2 この規則(前項各号に規定する改正規定を除く。次項において同じ。)による改正後の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則(次項において「改正後の規則」という。)の規定は、平成13年4月1日以後の勤務に係る特殊勤務手当について適用し、同日前の勤務に係る特殊勤務手当については、なお従前の例による。

3 改正後の規則の規定を適用する場合においては、この規則による改正前の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則の規定に基づいて支払った特殊勤務手当は、改正後の規則の規定による特殊勤務手当の内払とみなす。

4 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例(平成13年11月目黒区条例第43号。以下「改正条例」という。)付則第4項の規定の適用がある場合に限り、この規則による改正後の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則第2条第1号及び第2号の規定にかかわらず、次の表の左欄に掲げる職員に対する同項の規則で定める額は、同表の中欄に掲げる年度の区分に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げる額とする。

改正条例付則第4項の表の第1欄の新条例第3条第1項第1号に規定する場合に該当する職員のうち図書館に勤務する者以外のもの

平成14年度

1勤務につき2,250円に2,070円を加算した額

平成15年度

1勤務につき2,250円に2,020円を加算した額

平成16年度

1勤務につき2,250円に1,930円を加算した額

改正条例付則第4項の表の第1欄の新条例第3条第1項第2号に規定する場合に該当する職員

平成14年度

1勤務につき2,250円に2,250円を加算した額

平成15年度

1勤務につき2,250円に2,110円を加算した額

平成16年度

1勤務につき2,250円に1,930円を加算した額

付 則(平成15年12月1日規則第102号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成17年4月1日規則第45号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例(平成17年3月目黒区条例第5号)による改正後の職員の特殊勤務手当に関する条例第3条第1項第5号に規定する場合に該当する職員に対するこの規則による改正後の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則第2条第5号に規定する手当の額は、同号の規定にかかわらず、次の表の左欄の勤務の属する年度の区分に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げる額とする。

平成17年度

1,200円

平成18年度

900円

付 則(平成18年3月31日規則第21号)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

2 平成18年度中の職員の勤務に対する特殊勤務手当については、この規則による改正前の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則(以下「旧規則」という。)第2条及び第14条の規定は、なおその効力を有する。この場合において、職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例(平成18年3月目黒区条例第24号)付則第2項の規定によりなおその効力を有することとされる同条例による改正前の職員の特殊勤務手当に関する条例(以下「旧条例」という。)第15条第1項第1号に規定する場合における清掃関係業務手当の額は、旧規則第14条第2項第1号の規定にかかわらず、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 旧条例第15条第1項第1号に規定する場合のうち、廃棄物の処理を直接行う業務に従事した場合 従事した日1日につき1,000円

(2) 旧条例第15条第1項第1号に規定する場合のうち、廃棄物の処理に密接に関連する業務に従事した場合 従事した日1日につき700円

付 則(平成19年3月15日規則第12号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年7月1日規則第58号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成21年3月17日規則第7号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成24年3月30日規則第16号)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

2 平成24年度中の職員の勤務に対する特殊勤務手当については、この規則による改正前の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則第9条の規定は、なおその効力を有する。

付 則(平成27年4月1日規則第14号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 平成27年度中の職員の勤務に対する特殊勤務手当については、この規則による改正前の職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則第4条の規定(同条第1号に掲げる場合に支給する特定危険現場作業手当に係る規定に限る。)は、なおその効力を有する。

付 則(令和2年4月1日規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則

平成11年3月 規則第16号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7章 報酬・給料・諸手当等/第3節 諸手当
沿革情報
平成11年3月 規則第16号
平成13年11月30日 規則第85号
平成15年12月1日 規則第102号
平成17年4月1日 規則第45号
平成18年3月31日 規則第21号
平成19年3月15日 規則第12号
平成20年7月1日 規則第58号
平成21年3月17日 規則第7号
平成24年3月30日 規則第16号
平成27年4月1日 規則第14号
令和2年4月1日 規則第13号