○目黒区緑が丘文化会館条例施行規則

平成5年12月

目黒区教育委員会規則第21号

目黒区緑が丘文化会館条例施行規則

(趣旨)

第1条 この規則は、目黒区緑が丘文化会館条例(平成5年12月目黒区条例第28号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 目黒区緑が丘文化会館(以下「文化会館」という。)の開館時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、目黒区教育委員会(以下「委員会」という。)が必要があると認めるときは、開館の時間を変更することができる。

(利用時間)

第3条 文化会館の施設(第5条第4項を除き、以下「施設」という。)及び文化会館の施設備付特殊器具(以下「施設備付特殊器具」という。)の利用時間は、前条に定める開館時間内で委員会の承認を受けた時間とし、準備及び原状回復に要する時間を含むものとする。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(利用者登録)

第4条 条例第5条又は第6条の規定により、施設及び施設備付特殊器具を利用しようとする者は、目黒区集会施設予約システムの利用者登録に関する規則(平成18年12月目黒区規則第93号。以下「登録規則」という。)の定めるところにより利用者の登録をしなければならない。

(追加〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(利用予約)

第5条 前条の規定により利用者の登録をした者(以下「登録者」という。)は、次の各号に定める施設の利用予約(以下「利用予約」という。)の申込みができるものとする。

(1) 抽選申込み

(2) 空き申込み

2 前項に規定する利用予約の申込みは、次の各号に掲げる利用予約の申込みの区分に応じ、当該各号に定める期間内にしなければならない。

(1) 抽選申込み 利用期日の属する月(以下「利用月」という。)の4月前の月の1日から末日まで

(2) 空き申込み 利用月の3月前の月の5日から利用の当日まで

3 前項の規定にかかわらず、調理する目的で、第九研修室の2分の1を利用しようとする場合は、空き申込みとして、利用の日の7日前の日から利用の当日までに利用予約の申込みをしなければならない。

4 登録者が第2項第1号の規定による抽選申込みの期間内に利用予約を希望することができる数は、1の抽選申込み期間につき8申込みまでとする。ただし、目黒区立社会教育館条例(昭和48年11月目黒区条例第20号)第9条第1項に定める施設について、当該利用をしようとする月に利用予約の数があるときは、これを減じた数とする。

5 第1項の利用予約の申込みは、登録規則に定める集会施設予約システムにより行うものとする。

6 委員会は、抽選申込みをした者のうちから抽選により利用予定者を決定する。

7 委員会は、空き申込みがあったときは、先着順により当該申込みをした者を利用予定者として決定する。

8 委員会は、前2項の規定により利用予定者を決定したときは、その旨を当該申込みをした者に対して通知しなければならない。

(追加〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(利用申請)

第6条 前条の規定による利用予定者は、施設又は施設備付特殊器具を利用しようとし、又は特別の設備をしようとするときは、別記第1号様式による利用申請書を委員会に提出しなければならない。

2 前項の規定による利用申請は、次の各号に掲げる利用予約の申込みの区分に応じ、当該各号に定める期限内に行わなければならない。ただし、委員会がやむを得ない事由があると認めるときは、この限りでない。

(1) 抽選申込み 利用予定者としての決定の日の翌日から14日以内(当該申請の期限の日が休館日に当たるときはその翌日以降直近の休館日でない日)

(2) 空き申込み 利用予定者としての決定の日の翌日から14日以内(当該申請の期限の日が休館日に当たるときはその翌日以降直近の休館日でない日)ただし、当該決定の日が利用の当日であるときは利用の当日とする。

(一部改正〔平成10年教育委員会規則4号・18年14号〕)

(利用手続の特例)

第7条 前3条の規定にかかわらず、区が行政目的のために利用しようとするとき及び委員会が特に必要と認めたときは、委員会が別に定めるところにより、利用の予約及び申請を行うことができる。

(追加〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(利用承認)

第8条 委員会は、第6条第1項及び前条の規定による申請につき、その利用を承認し、かつ、条例第8条の規定による使用料を徴収したときは、申請をした者(以下「申請者」という。)に対して、別記第2号様式による利用承認書を交付する。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(利用の不承認)

第9条 委員会は、第6条第1項及び第7条の規定による申請につき、条例第7条の規定により利用を承認しないときは、申請者に対して、別記第3号様式による利用不承認通知書を交付する。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(特殊器具及びその使用料)

第10条 条例第8条第3項の規定による施設備付特殊器具及びその使用料は、別表第1のとおりとする。

(一部改正〔平成10年教育委員会規則4号・18年14号〕)

(実費相当額を徴収する施設の器具)

第11条 条例第8条第5項の規定による規則で定める施設の器具及びその使用料は、別表第2のとおりとする。

(一部改正〔平成10年教育委員会規則4号・18年14号〕)

(使用料の減免)

第12条 条例第10条の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は、第6条第1項及び第7条の規定による申請の際に、別記第4号様式による使用料減免申請書を併せて提出しなければならない。

(一部改正〔平成10年教育委員会規則4号・18年14号〕)

(利用承認の取消し)

第13条 第8条の規定により利用の承認を受けた者(以下「利用者」という。)が施設又は施設備付特殊器具の利用の取消しをしようとするときは、別記第5号様式による利用承認取消申請書を委員会に提出しなければならない。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(使用料の還付)

第14条 条例第11条ただし書に規定する特別の理由とは、次の各号に掲げる場合をいい、これに該当するときは、おのおのその所定額を還付することができる。

(1) 利用者の責任でない理由によって利用することができないとき。 全額

(2) 条例第12条第3号又は第4号の規定により利用の承認を取り消したとき。 全額

(3) 前条の規定により利用期日の20日前までに利用の承認の取消しを申し出たとき。 全額

(4) 前条の規定により利用期日の10日前までに利用の承認の取消しを申し出たとき。 条例第8条第1項及び第2項に定める使用料の100分の75相当額並びに第10条及び第11条に定める使用料の全額

(5) 前条の規定により利用期日の5日前までに利用の承認の取消しを申し出たとき。 条例第8条第1項及び第2項に定める使用料の100分の50相当額並びに第10条及び第11条に定める使用料の全額

(6) 前条の規定により利用の開始前(2以上の利用時間帯を継続して利用する場合にあっては、それぞれの利用時間帯の利用の開始前)までに利用の承認の取消しを申し出たとき。 第10条及び第11条に定める使用料の全額

2 前項の規定により使用料の還付を受けようとする者は、別記第6号様式による使用料還付請求書に利用承認書を添えて委員会に提出しなければならない。

(一部改正〔平成15年教育委員会規則5号・18年14号〕)

(利用制限の通知)

第15条 委員会は、条例第12条の規定に基づき、利用条件を変更し、又は利用を停止し、若しくは利用の承認を取り消したときは、利用者に対して別記第7号様式による利用制限通知書を交付する。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(注意事項)

第16条 利用者及び文化会館の入場者は、その利用又は入場について、係員の指示を守らなければならない。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

(委任)

第17条 この規則の施行について、必要な事項は、目黒区教育委員会教育長に委任する。

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

付 則

(施行期日)

1 この規則は、平成6年4月8日から施行する。ただし、付則第4項の規定は、同年1月8日から施行する。

(東京都目黒区立文化会館条例施行規則の廃止)

2 東京都目黒区立文化会館条例施行規則(昭和55年7月東京都目黒区教育委員会規則第11号)は、廃止する。

(東京都目黒区立緑が丘文化会館(八雲仮施設)条例施行規則の廃止)

3 東京都目黒区立緑が丘文化会館(八雲仮施設)条例施行規則(平成4年6月東京都目黒区教育委員会規則第17号)は、廃止する。

(事前手続)

4 施設を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

付 則(平成6年5月17日教育委員会規則第14号)

1 この規則は、平成6年5月22日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 ピアノ(グランド型)及び電子オルガンを利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

付 則(平成10年1月13日教育委員会規則第4号)

1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。

2 この規則による改正前の東京都目黒区緑が丘文化会館条例施行規則別記第4号様式により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

付 則(平成14年5月23日教育委員会規則第20号)

1 この規則は、平成14年7月1日から施行する。ただし、次項の規定は、同年6月1日から施行する。

2 プロジェクターを利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

付 則(平成15年10月28日教育委員会規則第5号)

1 この規則は、平成15年11月1日から施行する。

2 第3条の規定による改正後の目黒区緑が丘文化会館条例施行規則別表第1の規定(中略)は、平成16年4月1日以後の利用に係る使用料から適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお従前の例による。

付 則(平成17年1月18日教育委員会規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成18年11月28日教育委員会規則第14号)

1 この規則は、平成19年1月5日から施行する。

2 この規則による改正後の目黒区緑が丘文化会館条例施行規則の規定は、平成19年7月以後の月分の利用から適用する。

付 則(平成28年3月29日教育委員会規則第5号)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

2 この規則による改正前の教育委員会規則の規定により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

付 則(令和元年6月19日教育委員会規則第4号)

この規則は、令和元年6月20日から施行する。

別表第1(第10条関係)

(一部改正〔平成10年教育委員会規則4号・14年20号・15年5号・18年14号〕)

施設備付特殊器具

区分

使用料

ピアノ(アップライト型)

1台1回

700円

ピアノ(グランド型)

1台1回

2,200円

電子オルガン

1台1回

700円

ステレオ装置

一式1回

800円

プロジェクター

1台1回

800円

オーバーヘッドプロジェクター

1台1回

450円

実物投映機

1台1回

800円

ビデオプロジェクター

1台1回

1,500円

ビデオテープレコーダー

1台1回

800円

レーザーディスクプレーヤー

1台1回

1,500円

カラオケ装置

一式1回

1,000円

映写機(スライド)

1台1回

400円

備考 器具の1回の利用時間は、条例別表第1及び別表第2に定める利用時間帯による。ただし、利用時間帯(2以上の利用時間帯を継続して利用する場合は、継続する利用時間帯)を超えて利用する場合は、100分の20相当額を増徴する。

別表第2(第11条関係)

(一部改正〔平成10年教育委員会規則4号・18年14号〕)

施設の器具

区分

使用料

七宝焼電気窯

1回

200円

高速ガスレンジ

1回

50円

ガステーブル

1回

50円

備考 器具の1回の利用時間は、条例別表第1及び別表第2に定める利用時間帯による。

(全部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

画像

(全部改正〔令和元年教育委員会規則4号〕)

画像

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号・28年5号〕)

画像

(全部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

画像

(全部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

画像

(全部改正〔平成18年教育委員会規則14号〕)

画像

(一部改正〔平成18年教育委員会規則14号・28年5号〕)

画像

目黒区緑が丘文化会館条例施行規則

平成5年12月 教育委員会規則第21号

(令和元年6月20日施行)

体系情報
第11章 民/第8節 社会教育・青少年
沿革情報
平成5年12月 教育委員会規則第21号
平成6年5月17日 教育委員会規則第14号
平成10年1月13日 教育委員会規則第4号
平成14年5月23日 教育委員会規則第20号
平成15年10月28日 教育委員会規則第5号
平成17年1月18日 教育委員会規則第1号
平成18年11月28日 教育委員会規則第14号
平成28年3月29日 教育委員会規則第5号
令和元年6月19日 教育委員会規則第4号