○目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則

平成17年1月

目黒区規則第2号

目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則

(趣旨)

第1条 この規則は、目黒区学童保育事業の運営に関する条例(平成16年12月目黒区条例第30号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(学童保育クラブの名称等)

第2条 条例第2条の規定による学童保育クラブの名称、実施場所及び定員は、別表のとおりとする。

(学童保育事業の利用時間)

第3条 学童保育事業(次項に規定する学童保育事業を除く。)の利用時間は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 小学校の休業日でない日 下校時から午後6時15分まで。ただし、土曜日は、下校時から午後6時まで

(2) 小学校の休業日 午前8時15分から午後6時15分まで。ただし、土曜日は、午前8時30分から午後6時まで

2 駒場小学校内学童保育クラブ、烏森住区センター児童館第二学童保育クラブ、下目黒小学校内学童保育クラブ、平町児童館学童保育クラブ又は八雲小学校内学童保育クラブの学童保育事業(区長が必要と認める児童に係る学童保育事業に限る。)の利用時間は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 小学校の休業日でない日 下校時から午後7時まで

(2) 小学校の休業日 午前8時から午後7時まで

3 前2項に定める利用時間は、区長が必要があると認めるときは、変更することができる。

(一部改正〔平成25年規則34号・29年48号・令和元年23号〕)

(条例第4条第1号及び第2号の規則で定める児童)

第3条の2 条例第4条第1号及び第2号の規則で定める児童は、駒場小学校内学童保育クラブ、烏森住区センター児童館第二学童保育クラブ、下目黒小学校内学童保育クラブ、平町児童館学童保育クラブ又は八雲小学校内学童保育クラブの学童保育事業を利用する児童とする。

(追加〔平成29年規則48号〕、一部改正〔令和元年規則23号〕)

(利用手続)

第4条 条例第5条の規定に基づき、学童保育事業を利用しようとする児童の保護者は、学童保育事業利用申請書(別記第1号様式)に区長が必要と認める書類を添えて申請しなければならない。

2 区長は、前項の申請につき、その利用を承認したときは学童保育事業利用承認通知書(別記第2号様式)を、その利用を承認しないときは学童保育事業利用不承認通知書(別記第3号様式)を当該申請をした保護者に交付する。

(利用の辞退)

第5条 前条第2項の規定により利用の承認を受けた保護者がその利用を辞退しようとするときは、学童保育事業利用辞退届(別記第4号様式)を区長に提出しなければならない。

(承認の取消し)

第6条 区長は、条例第7条の規定に基づき、利用の承認を取り消したときは、学童保育事業利用承認取消通知書(別記第5号様式)を当該児童の保護者に交付する。

(条例第8条第1項から第3項までの規則で定める児童)

第6条の2 条例第8条第1項から第3項までの規則で定める児童は、第3条第2項に規定する学童保育事業を利用する児童とする。

(追加〔平成29年規則48号〕)

(保育料の徴収方法)

第7条 条例第8条に規定する保育料は、区長が指定する方法により、毎月末日までに当該月分を納付しなければならない。

2 区長は、保護者からの申出があったときは、翌月分以後の月分の保育料を前納させることができる。

(保育料の減免)

第8条 条例第9条の規定に基づき、区長は、次の各号のいずれかに該当するときは、それぞれ当該各号に定めるところにより、保育料の減額又は免除をすることができる。

(1) 保護者の属する世帯が生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護を受けているとき 免除

(2) 保護者の属する世帯が当該年度分(4月から6月までの月分の保育料の徴収については、前年度分とする。以下同じ。)の市町村民税(特別区民税を含む。以下同じ。)非課税世帯であるとき 免除

(3) 保護者の属する世帯が当該年度分の市町村民税課税世帯であって、均等割のみ課税されているとき 免除

(4) 保護者の属する世帯において現に3人以上の子を扶養しているとき 第3子以降の児童に係る条例第8条の保育料につき、免除

(5) 保護者の属する世帯の当該年度分の市町村民税所得割の税額の合計が10,000円以下のとき 条例第8条第1項の保育料につき、100分の50相当額減額

(6) 保護者の属する世帯が学校教育法(昭和22年法律第26号)第19条の規定による就学援助を受けているとき 条例第8条第1項の保育料につき、100分の50相当額減額

(7) 前各号に掲げる場合のほか、区長が特別の理由があると認めるとき 区長が相当と認める額減額又は免除

2 前項の規定により保育料の減額又は免除を受けようとする者は、保育料減額・免除申請書(別記第6号様式)にその事実を証する書類を添えて、区長に申請しなければならない。

3 区長は、前項の申請につき、保育料の減額又は免除をすると決定したときは保育料減額・免除適用通知書(別記第7号様式)を、保育料の減額又は免除をしないと決定したときは保育料減額・免除不適用通知書(別記第8号様式)を当該申請をした者に交付する。

(一部改正〔平成20年規則2号・25年34号〕)

(保育料の還付)

第9条 条例第10条ただし書に規定する特別の理由とは、次の各号に掲げる場合をいい、これに該当するときは、おのおのその所定額を還付することができる。

(1) 利用を辞退し、又は利用の承認の取消しを受けたとき。 利用しなくなった日の属する月の翌月以後の全額

(2) 区長が特に必要があると認めるとき。 区長が相当と認める額

2 前項の規定により保育料の還付を受けようとする者は、保育料還付請求書(別記第9号様式)を区長に提出しなければならない。

(届出)

第10条 保護者は、第4条第1項の規定により申請した事項に変更が生じたときは、その旨を速やかに区長に届け出なければならない。

(一部改正〔平成29年規則48号〕)

(添付書類の省略)

第11条 区長は、この規則の規定により申請書に書類を添付しなければならない場合に、当該書類により証明すべき事実を公簿等により確認することができるときは、当該書類の添付を省略させることができる。

(事務取扱いの細目)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。ただし、次項及び付則第3項の規定は、公布の日から施行する。

(一部改正〔平成25年規則34号〕)

(事前手続)

2 学童保育事業を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

(一部改正〔平成25年規則34号〕)

3 前項の規定の施行前に区長が別に定めるところによりなされた学童保育事業に相当する事業を利用するための手続等は、同項の規定によりなされた手続等とみなす。

(保育料の減免の特例)

4 平成25年度及び平成26年度の保育料に係る第8条第1項第5号の規定の適用については、同号中「100分の50相当額」とあるのは、「4,000円」とする。

(追加〔平成25年規則34号〕)

(定員の特例)

5 別表に定める学童保育クラブの定員については、当分の間、別に定める定員の範囲内で同表に定める学童保育クラブの定員を超えることができる。

(追加〔平成29年規則48号〕、一部改正〔令和元年規則23号〕)

付 則(平成18年12月1日規則第95号)

1 この規則は、平成19年3月26日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 宮前小学校内学童保育クラブの学童保育事業を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

3 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第4条の規定により中根学童保育クラブの学童保育事業に係る利用の承認を受けている者は、この規則による改正後の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第4条の規定により宮前小学校内学童保育クラブの学童保育事業に係る利用の承認を受けた者とみなす。

付 則(平成19年2月16日規則第5号)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 南学童保育クラブの学童保育事業を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

付 則(平成20年1月22日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成20年10月1日規則第73号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成21年8月3日規則第47号)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。ただし、別表緑が丘児童館学童保育クラブの項の次に次のように加える改正規定、同表大岡山学童保育クラブの項を削る改正規定及び次項の規定は、公布の日から施行する。

2 東山児童館第二学童保育クラブ及び中央町児童館学童保育クラブの学童保育事業を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

3 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第4条の規定により東山児童館学童保育クラブ2組の学童保育事業に係る利用の承認を受けている者は、この規則による改正後の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第4条の規定により東山児童館第二学童保育クラブの学童保育事業に係る利用の承認を受けた者とみなす。

付 則(平成25年4月1日規則第34号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則による改正後の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第8条第1項の規定は、平成25年4月以後の月分の保育料の減額又は免除について適用し、同年3月以前の月分の保育料の減額又は免除については、なお従前の例による。

3 この規則による改正前の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則別記第6号様式の規定により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

付 則(平成26年3月27日規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成26年4月1日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成26年7月7日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成27年10月15日規則第53号)

この規則は、平成27年10月19日から施行する。

付 則(平成28年3月11日規則第20号)

この規則は、平成28年3月14日から施行する。

付 則(平成28年3月18日規則第21号)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

2 この規則による改正前の規則の規定により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

付 則(平成29年9月29日規則第48号)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。ただし、付則に2項を加える改正規定(付則第6項に係る部分に限る。)並びに次項及び第3項の規定は、公布の日から施行する。

2 この規則による改正後の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則付則第6項の規定の適用については、平成30年3月31日までの間、同項中「同表(前項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)」とあるのは、「同表」とする。

3 烏森住区センター児童館第二学童保育クラブ及び平町児童館学童保育クラブの学童保育事業を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

4 この規則による改正前の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則別記第2号様式の規定により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

付 則(平成30年10月22日規則第56号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第4条の規定により油面住区センター児童館学童保育クラブの学童保育事業に係る利用の承認を受けている者(区長が必要と認める者に限る。)は、この規則による改正後の目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則第4条の規定により油面小学校内学童保育クラブの学童保育事業に係る利用の承認を受けた者とみなす。

付 則(令和元年8月1日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(令和元年11月1日規則第23号)

1 この規則は、令和2年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 駒場小学校内学童保育クラブ、東山児童館第三学童保育クラブ、下目黒小学校内学童保育クラブ及び八雲小学校内学童保育クラブの学童保育事業を利用するための手続等は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

別表(第2条関係)

(一部改正〔平成18年規則95号・19年5号・20年73号・21年47号・27年53号・28年20号・29年48号・30年56号・令和元年14号・23号〕)

名称

実施場所

定員

駒場小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区駒場三丁目11番13号 目黒区立駒場小学校内

30人

東山児童館学童保育クラブ

東京都目黒区東山三丁目24番2号 目黒区立東山児童館内

50人

東山児童館第二学童保育クラブ

東京都目黒区東山三丁目24番2号 目黒区立東山児童館内

70人

東山児童館第三学童保育クラブ

東京都目黒区東山三丁目24番2号 目黒区立東山児童館内

60人

菅刈学童保育クラブ

東京都目黒区青葉台二丁目10番18号 目黒区立東山児童館菅刈分室内

50人

烏森住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区上目黒三丁目37番24号 目黒区立烏森住区センター児童館内

50人

烏森住区センター児童館第二学童保育クラブ

東京都目黒区上目黒五丁目18番9号 目黒区立烏森住区センター児童館上目黒分室内

30人

中目黒住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区中目黒二丁目10番13号 目黒区立中目黒住区センター児童館内

50人

目黒区民センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区目黒二丁目4番36号 目黒区立目黒区民センター児童館内

50人

田道小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区目黒一丁目15番28号 目黒区立目黒区民センター児童館田道小学校内分室内

35人

下目黒小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区目黒二丁目7番9号 目黒区立下目黒小学校内

30人

不動児童館学童保育クラブ

東京都目黒区下目黒六丁目11番35号 目黒区立不動児童館内

50人

油面住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区中町一丁目6番23号 目黒区立油面住区センター児童館内

50人

油面小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区中町一丁目5番4号 目黒区立油面住区センター児童館油面小学校内分室内

50人

上目黒住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区祐天寺二丁目6番6号 目黒区立上目黒住区センター児童館内

50人

五本木住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区中央町二丁目17番2号 目黒区立五本木住区センター児童館内

50人

鷹番学童保育クラブ

東京都目黒区碑文谷六丁目2番23号 目黒区立五本木住区センター児童館鷹番分室内

50人

中央町児童館学童保育クラブ

東京都目黒区中央町二丁目32番5号 目黒区立中央町児童館内

50人

向原住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区目黒本町五丁目22番11号 目黒区立向原住区センター児童館内

50人

目黒本町学童保育クラブ

東京都目黒区目黒本町二丁目1番20号 目黒区立向原住区センター児童館目黒本町分室内

50人

原町住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区南一丁目8番9号 目黒区立原町住区センター児童館内

50人

ひもんや学童保育クラブ

東京都目黒区碑文谷二丁目8番9号 目黒区立原町住区センター児童館ひもんや分室内

50人

平町児童館学童保育クラブ

東京都目黒区平町一丁目5番3号 平町児童館内

70人

緑が丘児童館学童保育クラブ

東京都目黒区緑が丘二丁目7番20号 目黒区立緑が丘児童館内

50人

大岡山学童保育クラブ

東京都目黒区平町二丁目4番10号 目黒区立緑が丘児童館大岡山分室内

40人

中根小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区緑が丘一丁目1番1号 目黒区立緑が丘児童館中根小学校内分室内

50人

八雲住区センター児童館学童保育クラブ

東京都目黒区八雲一丁目10番5号 目黒区立八雲住区センター児童館内

50人

宮前小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区八雲三丁目13番21号 目黒区立八雲住区センター児童館宮前小学校内分室内

50人

八雲小学校内学童保育クラブ

東京都目黒区八雲二丁目5番1号 目黒区立八雲小学校内

30人

東根学童保育クラブ

東京都目黒区東が丘一丁目20番1号 目黒区立東根小学校内

30人

東根第二学童保育クラブ

東京都目黒区東が丘一丁目31番7号 目黒区営東が丘一丁目第2アパート内

15人

愛隣会学童保育クラブ

東京都目黒区大橋二丁目19番1号 社会福祉法人愛隣会内

50人

南学童保育クラブ

東京都目黒区南二丁目8番10号 株式会社アソシエ・インターナショナル内

40人

東が丘学童保育クラブ

東京都目黒区東が丘一丁目1番1号 社会福祉法人白樺会内

30人

(全部改正〔平成29年規則48号〕)

画像画像

(全部改正〔平成29年規則48号〕)

画像

(一部改正〔平成28年規則21号〕)

画像

画像

(一部改正〔平成28年規則21号〕)

画像

(全部改正〔平成25年規則34号〕)

画像

画像

(一部改正〔平成28年規則21号〕)

画像

画像

目黒区学童保育事業の運営に関する条例施行規則

平成17年1月 規則第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12章 出産・子育て/第2節
沿革情報
平成17年1月 規則第2号
平成18年12月1日 規則第95号
平成19年2月16日 規則第5号
平成20年1月22日 規則第2号
平成20年10月1日 規則第73号
平成21年8月3日 規則第47号
平成25年4月1日 規則第34号
平成26年3月27日 規則第8号
平成26年4月1日 規則第16号
平成26年7月7日 規則第26号
平成27年10月15日 規則第53号
平成28年3月11日 規則第20号
平成28年3月18日 規則第21号
平成29年9月29日 規則第48号
平成30年10月22日 規則第56号
令和元年8月1日 規則第14号
令和元年11月1日 規則第23号