○柔道整復師法施行細則

平成9年4月

目黒区規則第37号

柔道整復師法施行細則

(書類の提出先)

第1条 柔道整復師法(昭和45年法律第19号。以下「法」という。)第19条の規定に基づく届書は、保健所長を経由して区長に提出しなければならない。

(開設等の届出)

第2条 法第19条第1項の届出は、施術所開設届(別記第1号様式)及び施術所開設届出事項中一部変更届(別記第2号様式)による。

2 法第19条第2項の届出は、施術所(休止・廃止・再開)(別記第3号様式)による。

(台帳の備付け)

第3条 保健所長は、施術所台帳(別記第4号様式)を備え付けるものとする。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成17年3月7日規則第21号)

1 (後略)

2 (前略)第14条の規定による改正前の柔道整復師法施行細則別記第1号様式の規定(中略)により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

付 則(平成28年1月12日規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

(一部改正〔平成17年規則21号〕)

画像

画像

画像

(全部改正〔平成28年規則11号〕)

画像画像

柔道整復師法施行細則

平成9年4月 規則第37号

(平成28年1月12日施行)

体系情報
第15章 保健衛生/第4節 医事・薬事
沿革情報
平成9年4月 規則第37号
平成17年3月7日 規則第21号
平成28年1月12日 規則第11号