○目黒区有通路条例施行規則

昭和43年4月

目黒区規則第15号

目黒区有通路条例施行規則

(目的)

第1条 この規則は、目黒区有通路条例(昭和43年4月目黒区条例第12号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(設置等の告示)

第2条 条例第3条第2項の規則で定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 敷地の幅員及びその延長

(2) 供用開始の期日

(3) 位置を表示した図面を縦覧する場所及び期間

2 区長は、区有通路の廃止又はその名称、位置その他の事項の変更に際しては、次に掲げる事項を告示する。

(1) 名称

(2) 位置

(3) 敷地の幅員及びその延長(区域の変更の場合にあっては、変更の区間並びに当該区間に係る変更前の敷地の幅員及びその延長並びに変更後の敷地の幅員及びその延長)

(4) 廃止又は変更の期日

(5) 位置を表示した図面を縦覧する場所及び期間

(全部改正〔平成24年規則14号〕)

(公共施設)

第3条 条例第5条第1項第3号の区長が定める公共施設とは、次に掲げるものをいう。

(1) 一般通行の用に供されている道路又は水路のうち、目黒区公共物管理条例(平成14年3月目黒区条例第16号)第2条に規定する公共物(以下「公共物」という。)に該当するもの

(2) 国又は東京都、区その他の公共団体が設置し、又は管理する庁舎、学校、図書館、公園、福祉施設その他の施設(前号に掲げるものを除く。)

(3) 前2号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認めるもの

(全部改正〔平成24年規則14号〕)

(公共物に係る認定基準)

第4条 公共物の上に区有通路を設置しようとする場合の条例第5条第2項の路線の認定基準は、次に掲げるとおりとする。

(1) 幅員が1.8メートル以上あること。

(2) 条例第5条第1項第3号から第5号までに掲げる要件を満たしていること。

(追加〔平成24年規則14号〕)

(寄付の申出)

第5条 条例第6条第1項の規定により土地を区有通路として寄付しようとする土地所有者は、別記第1号様式による寄付申出書により当該土地の寄付を区長に申し出なければならない。

2 前項の規定により寄付を申し出た土地所有者(以下「寄付申出者」という。)は、寄付しようとする土地に賃借権が設定されていた場合は、当該賃借権が消滅した旨の旧賃借権者の念書を前項の申出の際に提出しなければならない。

(一部改正〔平成24年規則14号〕)

(寄付受領の決定)

第6条 区長は、前条第1項の規定による寄付の申出に係る土地に関して、条例第5条第1項第2号から第5号までに掲げるもののほか、次に掲げる要件を満たすことを確認した上で、当該土地の寄付受領を決定するものとする。

(1) 当該土地上に所有権以外の権利が設定されておらず、かつ、管理上支障となる物件が存在しないこと。

(2) 区有通路設置に通常以上の費用を要するものでないこと。

(3) 寄付に当たり、従来の私道の幅員よりも狭い土地を寄付しようとするものでないこと。

(4) 前3号のほか、区有通路の設置及び管理に支障となる特別の事由が存するものでないこと。

2 区長は、前項の寄付受領を決定したときは、速やかに、別記第2号様式による寄付受領決定通知書により寄付申出者に通知するものとする。

3 第1項の寄付受領について、当該土地に係る路線の認定又は変更についての議会の議決が得られなかったときは、その寄付受領は、なかったものとする。

(一部改正〔平成24年規則14号〕)

(登記に必要な書類の提出等)

第7条 前条第2項の規定による通知を受けた寄付申出者は、別記第3号様式による登記原因証明情報兼土地登記承諾書に、次に掲げる書類を添えて、区長に提出しなければならない。

(1) 印鑑証明書(発行後3か月以内のものに限る。)

(2) 代表者事項証明書(法人の場合に限る。)

(3) 公図の写し

(4) 土地の登記事項証明書

2 区長は、寄付申出者が前項に規定する書類を区長の指定する期日までに提出しない場合は、当該寄付の申出がなかったものとみなすことができる。

3 区有通路として寄付の申出があった土地の測量及び寄付受領した土地に関して必要な登記は、区が行い、その費用は区の負担とする。

(一部改正〔平成24年規則14号〕)

(無償使用の承諾の申出)

第8条 条例第6条の2第1項の規定により区に土地を無償で使用させようとする土地所有者(以下「無償使用承諾者」という。)は、別記第4号様式による土地無償使用承諾書に、前条第1項各号の書類を添えて、区長に申し出なければならない。

(追加〔平成24年規則14号〕)

(無償使用の承諾の受入れの決定)

第9条 区長は、前条の規定による無償使用の承諾の申出に係る土地に関して、その境界を確認した上で、当該申出の受入れを決定するものとする。

2 区長は、前項の受入れを決定したときは、速やかに、別記第5号様式による土地無償使用承諾書受理通知書により無償使用承諾者に通知するものとする。

(追加〔平成24年規則14号〕)

(区有通路の台帳)

第10条 条例第7条に規定する区有通路の台帳は、調書及び図面をもって構成するものとする。

2 調書及び図面は、路線ごとに調製する。

3 区有通路の台帳の記載事項は、特別区道の例による。

(一部改正〔平成24年規則14号〕)

(占用の許可等)

第11条 区有通路の占用の申請手続及び許可並びに占用に関する工事等に関しては、目黒区道路占用規則(昭和52年10月目黒区規則第50号)の例による。

(一部改正〔平成10年規則51号・24年14号〕)

(区以外の者が行う工事等の申請及び承認)

第12条 条例第11条第1項の規定により区以外の者が行う工事等の承認を受けようとする者は、別記第6号様式による区有通路工事施行承認申請書を区長に提出しなければならない。

2 区長は、前項の規定による申請を承認したときは、別記第7号様式による区有通路工事施行承認書を当該申請をした者に交付するものとする。

(追加〔平成24年規則14号〕)

付 則

この規則は、昭和43年4月1日から施行する。

付 則(昭和46年12月1日規則第35号抄)

(施行期日等)

1 この規則は、公布の日から施行する。(後略)

付 則(昭和52年9月30日規則第48号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成8年4月1日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成10年4月1日規則第51号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成24年3月30日規則第14号)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

2 この規則による改正前の目黒区有通路条例施行規則別記第1号様式から別記第3号様式までの規定により作成した様式で現に用紙が残存するものは、必要な補正を加えた上で、なお当分の間使用することができる。

(一部改正〔平成24年規則14号〕)

画像画像

(全部改正〔平成24年規則14号〕)

画像画像

(全部改正〔平成24年規則14号〕)

画像

(追加〔平成24年規則14号〕)

画像

(追加〔平成24年規則14号〕)

画像

(追加〔平成24年規則14号〕)

画像

(追加〔平成24年規則14号〕)

画像

目黒区有通路条例施行規則

昭和43年4月 規則第15号

(平成24年4月1日施行)