○目黒区私道整備助成条例

昭和36年4月

目黒区条例第4号

目黒区私道整備助成条例

(目的)

第1条 この条例は、目黒区における私道を整備するため必要な助成について定めることを目的とする。

(用語)

第2条 この条例において、私道とは、道路法(昭和27年法律第180号)の適用を受ける道路(以下「公道」という。)以外の道路で、次の各号のいずれかに該当するものをいい、路面排水施設を含むものとする。

(1) 公道と公道を連絡する道路にあっては、幅員1.5メートル以上のもので、常時一般交通の用に供されているもの

(2) 行き止まりの道路にあっては、幅員1.5メートル以上のもので、その利用戸数が2戸以上あり、常時交通の用に供されているもの

(一部改正〔平成13年条例19号〕)

(助成等)

第3条 区は、私道において行う次に掲げる工事について、公益上必要があると認める場合は、予算の範囲内で、区が算定した工事費(他の条例等により助成を受けることができる場合は、その助成額等を勘案して算定した工事費)の100分の90に相当する額以内の額を助成することができる。

(1) 規則で定める舗装の種類に応じた路面舗装工事

(2) 排水施設工事

(3) その他歩行の安全を確保するための工事

2 前項の規定にかかわらず、私道の全部又は一部が、国有地、都有地又は区有地である場合においては、当該部分に対して、区が算定した工事費の全額を負担することができる。

(一部改正〔平成13年条例19号〕)

(工事の委託)

第4条 前条の助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、当該工事を区に委託しなければならない。

(申請者の義務)

第5条 申請者は、申請書に当該工事について、土地の所有者又は諸権利を有する者の承諾書を添えなければならない。

2 申請者は、助成の承諾があったときは、その日から1月以内に申請者が負担すべき工事費を区に予納しなければならない。

(委任)

第6条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

付 則

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和39年3月23日条例第30号)

この条例は、昭和39年4月1日から施行する。

付 則(昭和39年6月1日条例第43号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和40年6月1日条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和41年3月24日条例第5号)

この条例は、昭和41年4月1日から施行する。

付 則(昭和44年11月29日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和45年6月1日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和47年11月20日条例第37号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和49年3月12日条例第11号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

付 則(昭和62年条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成13年条例第19号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

目黒区私道整備助成条例

昭和36年4月 条例第4号

(平成13年4月1日施行)

体系情報
第16章 街づくり/第5節
沿革情報
昭和36年4月 条例第4号
昭和39年3月23日 条例第30号
昭和39年6月1日 条例第43号
昭和40年6月1日 条例第26号
昭和41年3月24日 条例第5号
昭和44年11月29日 条例第24号
昭和45年6月1日 条例第25号
昭和47年11月20日 条例第37号
昭和49年3月12日 条例第11号
昭和62年 条例第22号
平成13年 条例第19号