○目黒区震災復興本部の設置に関する条例

平成19年3月15日

目黒区条例第17号

目黒区震災復興本部の設置に関する条例

(設置)

第1条 区長は、目黒区が震災により重大な被害を受けた場合において、当該被害の重大性に照らして、区民の生活の再建及び安定並びに都市の復興に関する事業(以下「震災復興事業」という。)を迅速かつ計画的に実施するため必要があると認めるときは、目黒区震災復興本部(以下「本部」という。)を設置するものとする。

(本部)

第2条 本部に本部長、副本部長及び本部員を置く。

2 本部長は、区長をもって充てる。

3 本部長は、本部の事務を統括し、本部を代表する。

4 副本部長及び本部員は、規則で定める職員をもって充てる。

5 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故があるときは、その職務を代理する。

6 本部員は、本部長の命を受け、本部の事務に従事する。

(部)

第3条 本部に、規則で定めるところにより、部を置くことができる。

2 部に部長を置き、規則で定める本部員をもって充てる。

3 部長は、部の事務を掌理する。

(事務局)

第4条 本部長は、震災復興事業に係る事業計画、財政計画、人事計画等を総合的に調整するため必要があると認めるときは、本部に事務局を置くことができる。

2 事務局に局長を置き、本部長が副本部長のうちから指名する者をもって充てる。

3 局長は、事務局の事務を掌理する。

(廃止)

第5条 区長は、震災復興事業が進ちょくし、本部設置の目的が達成されたと認めるときは、本部を廃止するものとする。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、本部に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

この条例は、公布の日から施行する。

目黒区震災復興本部の設置に関する条例

平成19年3月15日 条例第17号

(平成19年3月15日施行)

体系情報
第17章 災害対策・国民保護/第1節 災害対策・防災無線
沿革情報
平成19年3月15日 条例第17号