○みどり市社会福祉法人の助成に関する条例

平成18年3月27日

条例第113号

(趣旨)

第1条 社会福祉法(昭和26年法律第45号。以下「法」という。)第58条第1項の規定に基づく社会福祉法人の助成については、法令に別段の定めがあるものを除くほか、この条例の定めるところによる。

(定義)

第2条 この条例において「助成」とは、補助金の交付又は貸付金の貸付けをいう。また、助成を受けることのできる社会福祉法人(以下「法人」という。)は、法第22条に規定する法人であって、市内において社会福祉事業を行う法人とする。

(助成の条件)

第3条 市長は、法人を助成する場合には、必要な条件を付することができる。

(申請)

第4条 助成を受けようとする法人の代表者は、みどり市補助金等に関する規則(平成18年みどり市規則第40号)に定める手続等により申請しなければならない。

(助成金等の使用制限)

第5条 助成を受けた法人は、補助金又は貸付金を助成の目的以外に使用してはならない。

(助成金等の返還)

第6条 市長は、助成を受けた法人が次の各号のいずれかに該当する場合には、交付した補助金又は貸付金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) 法第56条第2項の規定による措置に従わなかったとき。

(2) 第3条の規定による助成の条件に違反したとき。

(3) 前条の規定に違反したとき。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、助成の手続に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月27日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の笠懸町社会福祉法人に関する条例(昭和51年笠懸町条例第20号)、大間々町社会福祉法人の助成に関する条例(昭和60年大間々町条例第6号)又は東村社会福祉法人の助成に関する条例(平成15年東村条例第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

みどり市社会福祉法人の助成に関する条例

平成18年3月27日 条例第113号

(平成18年3月27日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成18年3月27日 条例第113号