○御船町教育委員会会議傍聴人規則

昭和30年1月1日

教委規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第16条の規定に基づき、御船町教育委員会の会議(以下「会議」という。)、傍聴人について必要な事項を定めることを目的とする。

(傍聴の方法)

第2条 会議を傍聴しようとする者は、自己の氏名及び住所を記した名刺又は紙片を受付に渡して、係員の指示に従って傍聴席に入らなければならない。

(傍聴の制限)

第3条 教育長は、傍聴席が満員になったとき、その他必要と認めるときは、傍聴を制限し、若くは拒絶することができる。

第4条 凶器その他危険の虞があるものを携帯した者、異様の服装をした者又はめいてい者、瘋てん者、精神病者と認められる者は傍聴を許さない。

(傍聴人心得)

第5条 傍聴人は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) みだりに傍聴席を離れること。

(2) 私語又は拍手等をすること。

(3) 議事に批評を加え又は賛否を表明すること。

(4) その他会議の妨害となるような挙動をすること。

第6条 傍聴人が、この規則に違反し又は議場の秩序をみだす虞があるときは、教育長は、退席を命ずることができる。

第7条 傍聴人は、会議散会後はただちに退席しなければならない。

第8条 秘密会議を開く議決があったとき、又は退席を命ぜられたときは速かに退出しなければならない。

(雑則)

第9条 前各条の外、教育長から特に指示があったときは、その指示に従わなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月18日教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の規定により教育長がなお従前の例により在職する場合においては、この規則による改正後の御船町教育委員会会議傍聴人規則の一部を改正する規則第3条、第6条及び第9条の規定は適用せず、改正前の御船町教育委員会会議傍聴人規則第3条、第6条及び第9条の規定は、なおその効力を有する。

御船町教育委員会会議傍聴人規則

昭和30年1月1日 教育委員会規則第4号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和30年1月1日 教育委員会規則第4号
平成27年3月18日 教育委員会規則第3号