○御船町カルチャーセンター条例施行規則

平成3年12月26日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、御船町カルチャーセンター条例(平成3年条例第23号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(業務を行う時間)

第2条 御船町カルチャーセンター(以下「カルチャーセンター」という。)の業務を行う時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、御船町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要があると認めたときは、業務を行う時間を変更することができる。

(業務を行わない日)

第3条 カルチャーセンターの業務を行わない日は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、教育委員会はやむを得ない理由があると認めるときは、これを変更し、業務を行わない日に特別に使用させることができる。

(1) 月曜日(月曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条の規定により休日とされる日に当るときはその翌日)

(2) 12月28日から翌年1月4日まで

2 教育委員会が必要と認めたときは、前項の規定にかかわらず業務を行わない日を変更することができる。

(使用許可の申請)

第4条 条例第6条の規定によるカルチャーセンターの使用許可を受けようとする者はカルチャーセンターの使用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 使用許可申請書の受付をする期間は次の各号に掲げるとおりとする。ただし、教育委員会が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(1) ホール及びこれらに伴い使用する施設

使用しようとする日の1年前から。

(2) 前号以外の施設

使用しようとする日の3ヶ月前から。

(使用の許可)

第5条 教育委員会は、前条の使用許可申請書を受理し、適当と認めるときは、カルチャーセンター使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

2 カルチャーセンターの使用許可の順位は、申請書の提出順序とする。ただし、同施設を同日の同一使用時間帯に使用したい旨の使用許可書が複数の者から同時に提出された時は、協議又は抽選によって提出順序を決定する。又、教育委員会が芸術文化の振興若しくは公益上必要があると認めるときは、この限りでない。

3 前項の規定により使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、利用の際に常に使用許可書を携帯していなければならない。

(使用許可の変更・取消し書)

第6条 使用者が使用許可を受けた事項の変更又は使用許可の取消しを受けようとするときは、速やかにカルチャーセンター使用許可変更・取消申請書(様式第3号)に許可書を添えて教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、使用許可を受けた事項の変更又は使用許可の取り消しを承認したときは、カルチャーセンター使用許可変更・取消承認通知書(様式第4号)を交付し通知するものとする。ただし、緊急の場合はこの限りでない。

(使用制限の通知)

第7条 教育委員会は、条例第8条の規定に基づき必要な措置を命ずる場合は、カルチャーセンター使用許可措置命令通知書(様式第5号)を使用者に交付するものとする。

(附属施設等の使用料)

第8条 条例別表附属施設等の項中町長が定める使用料の額は、別表のとおりとする。

(使用料の納入)

第9条 使用者は、使用許可と同時に使用料を納付しなければならない。ただし、超過使用料並びに備品使用料は、使用終了の時までに納付することができる。

(使用料等の後納)

第10条 国、地方公共団体は、後納することができる。

2 使用料等中附属施設等及び冷暖房の使用料については、後納することができる。

3 第1項の規定により使用料等を後納しようとするときは、その旨を使用許可申請書に明記しなければならない。

(使用料の返還)

第11条 条例第9条第3項ただし書きの規定により使用料を返還することができる額は、次の各号に定める額とする。

(1) 条例第9条第3項第1号及び第3号に該当するとき 使用料の全額

(2) 使用者が使用の30日前(ホール以外は10日前)まで使用の取消しを届け出たとき 使用料の7割に相当する額

(3) 使用者が使用日の10日前(ホール以外は5日前)までに使用の取り消しを届け出たとき 使用料の5割に相当する額

2 条例第9条第3項ただし書きの規定による使用料の返還を受けようとする者は、カルチャーセンター使用料還付申請書(様式第6号)に許可申請書、又は変更取消承認通知書を添えて教育委員会に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第12条 条例第9条第2項の規定により、使用料の減免を受けようとするものはカルチャーセンター使用料減免申請書(様式第7号)を許可申請書に添えて提出し、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(使用者等の遵守事項)

第13条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可なく、施設等にポスター、看板、旗、懸垂幕その他これらに類するものを掲げ、若しくは張りつけ、文字等を書き、又はくぎ類を打たないこと。

(2) 許可なく危険若しくは、不潔な物品又は動物を持ち込まないこと。

(3) 所定の場所以外で飲食し、又は喫煙しないこと。

(4) 許可なく寄附金の募集、物品の販売等をしないこと。

(5) 騒音、怒声等を発し、又は暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(6) 収容定員を超えて入場させないこと。

(7) 施設の維持・秩序保持のため係員の指示がある場合は、責任者を置き、整理員を置くこと。

(8) 係員の指示に従うこと。

(入場の制限)

第14条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、入場を拒み、又は退場を命ずることができる。

(1) 会館における秩序又は風紀を乱し、又は乱すおそれがあると認められる者

(2) 規則に違反した者又は係員の指示に従わない者

(3) その他会館の管理上支障があると認められる者

(原状回復)

第15条 使用者は、施設等の使用を終了し、又は条例第8条の規定により使用許可を取消されたときは、使用に係る施設等を原状に復し、係員の点検を受けなければならない。

(き損等の届出)

第16条 カルチャーセンターの施設等をき損し、又は滅失した者は、直ちにカルチャーセンター施設等き損・滅失届(様式第8号)を教育委員会に提出し、その指示に従わなければならない。

(委任)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年6月28日規則第9号)

この規則は、平成5年7月1日から施行する。

附 則(平成6年12月26日規則第24号)

この規則は、公布の日から施行し、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成15年3月25日教委規則第1号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月28日教委規則第1号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年5月26日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成25年3月25日教委規則第2号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日教委規則第3号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和元年9月27日教委規則第2号)

この規則は、令和元年10月1日から施行する。

別表(第8条関係)

御船町カルチャーセンター附属設備使用料

(単位:円)

区分

品名

単位

1回の使用料

舞台関係

講演台

1式

420

司会台

1台

210

松羽目

1式

1,050

金屏風

1双

730

毛せん

1枚

100

上敷(大)

1枚

210

上敷(中)

1枚

160

上敷(小)

1枚

100

長座布団

1枚

100

座布団

1枚

100

指揮台

1台

210

指揮者用譜面台

1台

100

演奏者用譜面台

1台

50

ホリゾント幕

1式

520

暗転幕

1式

520

映写スクリーン

1枚

1,050

音響反射板

1式

2,100

演奏者用イス

1脚

50

コントラバス用イス

1脚

100

折りたたみイス

1脚

50

折りたたみ机

1台

100

ホワイトボード

1台

100

平台

1枚

100

箱馬

1台

20

開き足

1式

50

バック幕

1式

520

中割幕

1式

520

めくり台

1台

100

照明関係

舞台フットライト

1列

520

第1ボーダーライト

1列

520

第2ボーダーライト

1列

520

アッパーホリゾントライト

1列

2,100

ロアーホリゾントライト

1列

1,050

スポットライト(1kW)

1台

210

スポットライト(500W)

1台

100

センターピンスポットライト

1台

1,050

エフェクトマシン

1式

520

カッタースポットライト

1式

210

スタンド

1台

100

舞台照明Aセット

舞台フットライト

第1ボーダーライト

第2ボーダーライト

アッパーホリゾントライト

ロアーホリゾントライト

サスペンションスポットライト

フロントサイドスポットライト

シーリングスポットライト

1式

10,480

舞台照明Bセット

第1ボーダーライト

第2ボーダーライト

サスペンションスポットライト

フロントサイドスポットライト

シーリングスポットライト

1式

4,190

舞台照明Cセット

第1ボーダーライト

第2ボーダーライト

サスペンションスポットライト

1式

3,140

音響関係

拡声装置

1式

1,050

コンデンサーマイクロホン

1本

520

ダイナミックマイクロホン

1本

310

ワイヤレスマイクロホン(ピン)

1本

520

マイクスタンド(床・卓)

1本

50

ブームマイクスタンド

1本

100

ソリッドレコーダー

1台

730

テープレコーダー(カセット)

1台

520

レコーディングプレーヤー(CD)

1台

520

MDプレーヤー

1台

730

マイクケーブル

1本

100

マルチマイクケーブル

1式

520

効果装置(エコーマシン)

1台

520

その他

16ミリ映写機(固定用)スクリーン含む

1式

4,190

16ミリ映写機(移動用)スクリーン含む

1式

2,100

スライド映写機(移動用)

1式

520

DVDプレーヤー

1台

520

ビデオデッキ(VHS)

1台

520

プロジェクター(ホール)

1台

1,050

プロジェクター(会議室)

1台

520

持ち込み機器

1kW

210

冷房(ホール)

1時間

3,670

暖房(ホール)

1時間

3,140

ピアノ(ヤマハCF―Ⅲ―S)

1台

3,140

パーテーション

1台

100

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

御船町カルチャーセンター条例施行規則

平成3年12月26日 規則第18号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成3年12月26日 規則第18号
平成5年6月28日 規則第9号
平成6年12月26日 規則第24号
平成15年3月25日 教育委員会規則第1号
平成17年3月28日 教育委員会規則第1号
平成20年5月26日 教育委員会規則第5号
平成25年3月25日 教育委員会規則第2号
平成26年3月31日 教育委員会規則第3号
令和元年9月27日 教育委員会規則第2号