○御船町被災者見舞金規程

昭和55年4月1日

訓令第1号

本町在住者が災害を被った場合には、次の各号に定めるところにより見舞金を支給する。

1 支給要領

(1) 住家の場合

ア 全壊、全焼、流失には、それぞれ5万円を支給する。

イ 半壊、半焼、半流失には、それぞれ3万円を支給する。

(2) 非住家の場合

ア 全壊、全焼、流失には、それぞれ3万円を支給する。

イ 半壊、半焼、半流失には、それぞれ15,000円を支給する。

(3) 被災を原因とする死亡者に対しては、1人につき5万円を、又重傷者に対しては、1人につき1万円を支給する。ただし、災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和49年条例第2号)第3条の定めるところにより災害弔慰金の支給を受ける者については、死亡による見舞金は支給しない。

2 被害程度の判定基準

(1) 被害者は、戸で行い、世帯では行わない。ただし、借家の場合は、見舞金の半額を家主に、半額を借家人に支給する。

(2) 家屋を住家と非住家に大別する。

ア 住家 住家とは、現実にその建物を居住のために使用しているものをいい、必ずしも1棟の建物に限らない。例えば、炊事場、浴場、便所又は離れ座敷等が別棟である場合は、これらの生活に必要な部分の棟数は、合して1戸とする。

イ 非住家 非住家とは、住家以外の建物をいう。

3 全壊、全焼、流失

全壊、全焼及び流失とは、建物の面積が7割以上をそれぞれ損壊し、焼失し、又は流失したもの(その程度には至らないが残りの部分が補修を加えても再び使用されない程度のものを含む。)をいう。

4 半壊、半焼、半流失

半壊、半焼及び半流失とは、その程度がそれぞれ全壊、全焼又は流失のそれに満たないもので、建物の延面積が2割程度以上の損傷を蒙ったものをいう。

附 則

この訓令は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月28日訓令第1号)

この訓令は、平成7年4月1日から施行する。

御船町被災者見舞金規程

昭和55年4月1日 訓令第1号

(平成7年3月28日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和55年4月1日 訓令第1号
平成7年3月28日 訓令第1号