○御船町高齢者地域支援体制整備・評価事業実施要綱

平成15年3月25日

訓令第3号

(目的)

第1条 この要綱は、高齢者等が気軽に来所できる場所に相談窓口を設置し、高齢者等の様々な相談に応じ、その問題解決に努め、地域における高齢者支援の整備等を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の、実施主体は御船町とする。この場合において、適切な事業運営が確保できると認められる御船町社会福祉協議会等に事業を委託できるものとする。

(設置)

第3条 相談窓口の設置場所及び開催日は、次のとおりとする。

① 場所:御船町コミュニティーセンター(ひばり荘)

② 位置:御船町大字御船1,001番地の1

③ 心配ごと相談:毎月第1水曜日 午前10時から午後3時まで

④ 法律相談:毎月第3水曜日 午前10時から午後3時まで

(相談員)

第4条 各種の相談に対し、心配ごと相談員(以下「相談員」という。)をおく。

2 相談員には、高齢者等に身近な存在である民生委員、行政相談員、人権擁護委員とし、相談の内容や地域の実状に応じて弁護士等の専門家を加える。

(利用対象者)

第5条 この事業の対象者は、町内に居住するおおむね65歳以上の高齢者であって、地域において、日常生活を行う上で心配ごと等をかかえている者とする。

(事業内容)

第6条 事業の実施に当たっては、次の点に留意しなければならない。

① 相談は無料とすること。

② あらゆる相談に対応すること。

③ 在宅介護支援センター等の公的相談機関と連携を密にし、問題解決が困難なケースについては当該機関へ連絡を行うなど適切に対応すること。

④ 相談に当たる者及び当たった者は、相談者のプライバシーの保護に万全を期し、正当な理由なく知り得た秘密を漏らしてはならないこと。

(管理)

第7条 相談窓口には、次の帳簿を備えなければならない。

① 相談日誌

② 相談カード

③ 関係文書綴り

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

御船町高齢者地域支援体制整備・評価事業実施要綱

平成15年3月25日 訓令第3号

(平成15年3月25日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成15年3月25日 訓令第3号