○御船町後期高齢者医療保険あんま・はり・きゅう診療費補助金交付規則

平成20年3月14日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、後期高齢者医療保険被保険者の健康の保持増進並びに医療費抑制を図るため、あんま・はり・きゅう診療に要する経費に対する補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(治療券の交付対象者)

第2条 あんま・はり・きゅう治療券(以下「治療券」という。)の交付対象者は、御船町に住所を有する後期高齢者医療保険被保険者とする。

(治療券の交付申請)

第3条 治療券の交付を受けようとする者は、あんま・はり・きゅう治療券交付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(治療券の交付)

第4条 町長は、前条の交付申請書を受理したときは、資格確認のうえ、治療券(様式第2号)を交付するものとする。

2 治療券の交付枚数は、被保険者1人当り年間5枚以内とする。

(治療券の使用)

第5条 治療券の使用は、1施術1枚とし、期間は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1カ年とする。

(補助金の交付額)

第6条 補助金の交付額は、1施術に対し(治療券1枚)1,000円以内交付する。

第7条 前条の補助金の交付は、治療券を交付してこれに替えるものとする。

第8条 被保険者は、診療費の補助を受けようとするときは、町長と協定した施術業者に被保険者証を提示のうえ、治療券を提出して診療を受けなければならない。

(補助金の請求)

第9条 施術業者は、治療券により診療したときは、その旨を記入した治療券とともに、あんま・はり・きゅう診療費補助金交付申請書(様式第3号)を翌月末までに提出し、診療費補助金の請求をするものとする。

(補助金の交付決定)

第10条 町長は、前条の治療券及び補助金交付申請書を受理したときは、審査のうえ、適当と認めたときは、補助金を交付するものとする。

(補助金交付の取消し)

第11条 町長は、補助金の交付を受けた被保険者が次の各号の1に該当するときは、補助金の交付を取り消し、若しくは変更し、又はすでに交付した補助金の全部、若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) 診療前に町外へ転出しているとき。

(2) 診療前に後期高齢者医療保険の資格を喪失しているとき。

(委任)

第12条 この規則で定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

御船町後期高齢者医療保険あんま・はり・きゅう診療費補助金交付規則

平成20年3月14日 規則第4号

(平成20年3月14日施行)