○御船町老人福祉電話貸与規程

昭和55年7月1日

訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、福祉電話の貸与に関し、老人福祉電話による1人暮らし老人の安否の確認、各種の相談を行うとともに、関係機関の協力を得て、在宅老人に対し各種のサービスを提供することを目的とする。

(相談員)

第2条 福祉電話の各種サービスに対し、福祉相談員(以下「相談員」という。)を置く。

2 相談員には、電話訪問及び電話相談を行うため、町長部局の職員をもって充てる。なお相談員は、必要に応じて社会福祉協議会員、民生委員、老人クラブ会員、婦人会、医師等の協力を求めることができる。

(福祉電話の貸与)

第3条 福祉電話の貸与は、次の各号の要件を満たすもののうちから、様式第1号及び様式第2号による申請に基づき選定するものとする。

(1) 65歳以上の老人で、町内に居住し、1人暮らしであること。

(2) 所得税が課税されていない者で、現に電話を有していないものであること。

(3) その他町長が特に必要と認めたもの

(福祉電話の貸与契約)

第4条 福祉電話の貸与は、老人福祉電話貸与契約書(様式第3号)によるものとし、契約期間は、契約の日から5年とする。ただし、必要に応じ更新することができる。

(契約解除)

第5条 第3条の各号の要件を欠くこととなったときは、契約期間満了前といえども貸与契約を解除するものとする。

(活動の内容)

第6条 第1条の目的達成のため、次の活動を行うものとする。

(1) 1人暮らし老人に対する電話訪問

(2) 電話による各種の相談及び助言

(3) 各種の情報の提供

(4) その他必要と認められる事項

(関係機関との連係)

第7条 この事業の実施にあたっては、社会福祉協議会員、民生委員、老人クラブ会員、婦人会、医師等の協力を得て、地域社会における老人の援護体制の確立に努める。

この訓令は、昭和55年7月1日から施行する。

(平成18年3月24日訓令第9号)

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

(令和4年3月25日訓令第19号)

この規程は、令和4年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

御船町老人福祉電話貸与規程

昭和55年7月1日 訓令第2号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
昭和55年7月1日 訓令第2号
平成18年3月24日 訓令第9号
令和4年3月25日 訓令第19号