○御船町生活管理指導短期宿泊事業実施要綱

平成12年3月25日

訓令第15号

(目的)

第1条 基本的生活習慣が欠如していたり、対人関係が成立しないなど、いわゆる社会適応が困難な高齢者に対して、短期間の宿泊により日常生活に対する指導、支援を行い、要介護状態への進行を予防することを目的とする。

(事業の実施)

第2条 この事業の運営は、利用者の決定等を除き養護老人ホーム「オアシス」のショートステイ専用ベッド又は空きベッドを利用して実施する。

(対象者)

第3条 この事業の対象者は、次に掲げるおおむね65歳以上の基本的生活習慣が欠如していたり、対人関係が成立しないなど、いわゆる社会適応が困難な高齢者とする。

(利用期間)

第4条 利用期間は、原則として7日以内とする。ただし、町長が止むを得ないものと認める場合には、利用期間の延長をすることができるものとする。

(申請)

第5条 利用希望者は、生活管理指導短期宿泊利用登録申請書(様式第1号)により、町長に申請するものとする。

(決定通知等)

第6条 町長は、前条の申請書を受理したときは、「地域ケア会議」において審査のうえ年間対象者として登録し、申請者に登録決定通知書(様式第2号)を交付するとともに、施設に対し利用者名簿(様式第3号)で通知するものとする。

2 審査のうえ不適当と認めたときは、生活管理指導短期宿泊利用登録決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(利用の申請)

第7条 利用する場合は、予め連絡のうえ、町長あて利用申請書(様式第4号)を提出するものとする。

(利用決定)

第8条 町長は、前条の申請書を受理したときは、申請者に対し生活管理指導短期宿泊利用決定通知書(様式第5号)を交付するものとする。

(変更等)

第9条 利用の決定を受けた後に届出事項等に変更があった場合は、生活管理指導短期宿泊利用変更届(様式第6号)により町長に届け出るものとする。

(報告)

第10条 実施施設は、町長に対して、(一定期間ごとに)生活管理指導短期宿泊事業実績報告書(様式第7号様式第8号)を提出するものとする。

(費用)

第11条 町長は、実施施設の事業実績に基づき、宿泊に要した経費を支弁するものとする。

2 宿泊に要する経費のうち380円を利用者の負担とする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成12年5月1日から施行する。

附 則(令和2年3月23日告示第40号)

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

御船町生活管理指導短期宿泊事業実施要綱

平成12年3月25日 訓令第15号

(令和2年4月1日施行)