○御船町廃棄物の処理及び清掃に関する規則

平成17年3月28日

規則第24号

(目的)

第1条 この規則は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)及び御船町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成17年条例第11号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(一般廃棄物処理の届出)

第2条 条例第5条の規定により、一般廃棄物の収集を受けようとする者は、町長に一般廃棄物処理の届出書(様式第1号)を提出しなければならない。

(事業者の多量の一般廃棄物)

第3条 条例第8条に規定する事業者の事業活動に伴い、生ずる多量の一般廃棄物で、町長がその収集、運搬及び処分について必要な指示をすることができる範囲は、次のとおりとする。

ごみ 1事業1日の排出量 10キログラム以上

粗大ごみ 〃 50キログラム以上

その他の一般廃棄物

(一般廃棄物処理業又は浄化槽清掃業の許可申請)

第4条 一般廃棄物処理業又は浄化槽清掃業の許可を受けようとする者は、一般廃棄物処理業許可申請書(様式第2号又は様式第3号)又は浄化槽清掃業許可申請書(様式第4号)を提出しなければならない。

(許可証)

第5条 前条の申請により町長が一般廃棄物処理業又は浄化槽清掃業の許可をしたときは、許可証(様式第5号又は様式第6号)を交付する。

2 許可証は他人に譲渡し、又は貸与してはならない。

3 一般廃棄物処理業又は浄化槽清掃業者は、許可証の有効期間が満了したとき、若しくは他の事由により不要となったときは、許可証をすみやかに返納しなければならない。

(許可証記載事項の変更)

第6条 前条第1項の許可証の記載事項に変更を生じたときは、すみやかに変更届(様式第4号)を提出しなければならない。

(廃止等)

第7条 一般廃棄物処理業者又は浄化槽清掃業者が、その営業を10日以上休止しようとするときは15日以前に、又は廃止しようとするときは、30日以前に許可証を添えて町長に廃止(休止)(様式第7号)を提出しなければならない。

第8条 条例第7条の規定により手数料の免除及び減額を受けようとする者は、一般廃棄物処理手数料免除(減額)申請書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。

この規則は、公布の日から施行する。

(令和4年3月31日規則第24号)

この規則は、令和4年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

御船町廃棄物の処理及び清掃に関する規則

平成17年3月28日 規則第24号

(令和4年4月1日施行)