○御船町生ごみ堆肥化容器及び生ごみ処理機購入補助金交付要綱

平成14年6月3日

訓令第9号

(目的)

第1条 この要綱は、家庭から排出される生ごみの再資源化及び減量化を図ることを目的として、生ごみ堆肥化容器及び生ごみ処理機を購入する者に対する補助金(以下「補助金」という。)の交付に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 生ごみ堆肥化容器 生ごみを発酵させ堆肥化するために用いる容器をいう。

(2) 生ごみ処理機 微生物と培養基剤の働き又は乾燥装置により生ごみを堆肥化する電気式の処理機をいう。

(補助の対象)

第3条 補助金は、次の各号に掲げる要件を満たし、町の廃棄物行政に協力して生ごみ堆肥化容器及び生ごみ処理機を購入する者(法人その他の団体は除く。)に対し、予算の範囲内で交付するものとする。

(1) 町内に居住し、かつ、住民基本台帳に記載されている者

(2) 生ごみ堆肥化容器及び生ごみ処理機によりつくられた堆肥を有効利用できる者

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、購入額(消費税相当額を含む。)の2分の1以内とし、生ごみ堆肥化容器については2,500円、生ごみ処理機については20,000円を限度とする。ただし、100円未満の端数は切り捨てるものとする。

2 補助金の交付対象となるのは、生ごみ堆肥化容器については1世帯2台まで、生ごみ処理機については1世帯1台とする。

(補助金交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、次により町長に提出するものとする。

2 生ごみ堆肥化容器を購入し補助金の交付を受けようとする者は、生ごみ堆肥化容器購入補助金交付申請書(様式第1号)に領収書の写しを添付し、申請しなければならない。

3 生ごみ処理機を購入し補助金の交付を受けようとする者は、生ごみ処理機購入補助金交付申請書(様式第2号)に領収書の写し、保証書の写し及び生ごみ処理機の構造・機能が確認できる書類を添付し、申請しなければならない。

(交付の決定)

第6条 町長は、前条第2項の規定による申請書を受理したときは、内容を審査のうえ補助金の交付を決定し、生ごみ堆肥化容器購入補助金交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

2 町長は、前条第3項の規定による申請書を受理したときは、内容を審査のうえ生ごみ処理機の設置完了を確認後、補助金の交付を決定し、生ごみ処理機購入補助金交付決定通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第7条 前条第1項及び第2項の補助金交付決定を受けた者は、生ごみ堆肥化容器購入補助金交付請求書(様式第5号)並びに生ごみ処理機購入補助金交付請求書(様式第6号)により町長に請求するものとする。

(補助金の交付)

第8条 町長は、前条の請求に基づく補助金を口座振替により交付するものとする。

(維持管理義務)

第9条 生ごみ堆肥化容器及び生ごみ処理機を購入し、町からの補助を受けた者は、これらを有効に活用し、並びに適正に管理しなければならない。

(補助金の返還)

第10条 町長は、不正な手段により補助金の交付を受けた者がある場合には、補助金の全部又は一部の返還を求めることができる。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

御船町生ごみ堆肥化容器及び生ごみ処理機購入補助金交付要綱

平成14年6月3日 訓令第9号

(平成14年6月3日施行)