○御船町緑の村運営委員会規則

昭和57年3月23日

規則第4号

(設置)

第1条 この規則は、御船町緑の村設置、管理及び使用料条例(昭和56年条例第16号)第3条の規定に基づき、運営等について必要な事項を協議するため、御船町緑の村運営委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(委員会の任務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項につき協議するものとする。

(1) 緑の村の予算及び運営に関する事項

(2) 緑の村の使用料及び委託料に関する事項

(3) 緑の村の管理の方法及び利用客の導入対策に関する事項

(4) その他重要と認める事項

(会長)

第3条 委員会に会長を置き、会長は町長とする。

2 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 会長に事故があるときは、委員のうちから、会長があらかじめ指名する者が、その職務を行うものとする。

(委員会の招集)

第4条 委員会は、会長において必要があると認めたときは、随時招集することができる。

2 会長が、委員会を招集しようとするときは、会議の目的、内容、日時及び場所等を、あらかじめ委員に通知しなければならない。

(関係職員の出席及び資料の提出)

第5条 会長は、議事に関し必要があると認めるときは、関係職員に対し説明を求め、又は資料の提出を求めることができる。

(書記)

第6条 委員会の書記は、職員のうちから会長が指名する。

2 書記は、議事の経過及び要領を記載し、議事録を作成する。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、委員会の運営について必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

御船町緑の村運営委員会規則

昭和57年3月23日 規則第4号

(昭和57年3月23日施行)