○御船町牛海綿状脳症緊急対策事業費補助金交付要綱

平成14年3月25日

訓令第7―2号

(趣旨)

第1条 町は、牛海綿状脳症(以下「BSE」という。)の発生に伴う風評等により、町内において経営的に危機的状況にある畜産農家を支援するため、当該農家に対し、緊急措置として補助金を交付するものとし、その交付についてはこの要綱に定めるところによる。

(事業の種類等)

第2条 補助内容、補助対象者、補助対象経費、補助金額、補助限度額、提出書類等については、別表に掲げるとおりとする。

(支援対策・期間等)

第3条 支援の対象となる肉用牛は、「BSE」発生以降出荷遅延となった肉用牛及び風評等により価格の下落した繁殖子牛とし、支援期間は平成14年3月31日までとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成14年2月1日から適用する。

附 則(平成14年12月25日訓令第21号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成13年9月19日より適用する。

別表(第2条関係)

補助事業名

御船町「BSE」緊急対策事業

補助内容

「BSE」発生に伴う風評被害により、肉用牛生体について出荷遅延となっている肥育農家や子牛価格の下落した繁殖農家への経営費等の補てん助成

補助対象者

「BSE」検査受験のために出荷を繰り延べた町内の肉用牛生産者

「BSE」発生後、家畜市場でセリに出荷された町内の繁殖牛生産者

補助対象経費

スクリーニング検査を受験するために、出荷予定牛の出荷期日を繰り延べた肥育牛に係る、飼料代・ビタミン剤等に要する経費等に対する助成金の交付

風評被害により子牛の下落した繁殖牛生産者に対する見舞金

補助金額

肥育牛 1頭/1ケ月当たり 10,000円

繁殖子牛 1頭当たり 10,000円

補助限度額

農家1戸当たり 500千円

申請に係る提出書類

関係機関が遅延牛頭数等を証明する書類

その他、町が求める書類

御船町牛海綿状脳症緊急対策事業費補助金交付要綱

平成14年3月25日 訓令第7号の2

(平成14年12月25日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成14年3月25日 訓令第7号の2
平成14年12月25日 訓令第21号