○御船町ダンプトラック管理運営規則

昭和54年12月24日

規則第15号

(目的)

第1条 この規則は、御船町のダンプトラックの管理運営に関する必要な事項を定めることを目的とする。

(義務)

第2条 御船町ダンプトラック運営管理に従事する職員は、条例及び規則で定める場合のほか、この規則を誠実に守り、ダンプトラックの管理運営を適正に実施しなければならない。

(事業実施の組織)

第3条 御船町ダンプトラックの管理運営一切は、ダンプトラックを所有する課(以下「主管課」という。)の所掌とする。

(作業管理組織)

第4条 作業運行の実施に関する指揮監督は、ダンプトラック監督者が行う。

2 ダンプトラック監督者には、主管課の職員を以ってあてる。

(計画の作成)

第5条 主管課においては、具体的作業計画を策定した作業員に対し作業運行を計画的に実施するため必要な指示を与えなければならない。

(作業運行の附与)

第6条 ダンプトラック監督者は、作業運行の遂行にあたり作業員に対する適切な指導を行い安全作業運行を確保し、機械器具及び資材の効率的運用並びに事故の防止について最善の注意をはらわなければならない。

(帳簿の整備)

第7条 ダンプトラック監督者は、作業運行実施状況及び使用状況その他必要な事項を明らかにするため、別記様式により作業運行日誌を作成し、主管課長に日々報告するものとする。

(点検整備)

第8条 ダンプトラック監督者は、ダンプトラックの作業運行従事者に始業前の点検を行わせ、安全を確認し、不備な点が認められた場合は作業運行を中止し必要な整備を行うようにしなければならない。

(作業の規律)

第9条 作業員は、この規則を守り監督者の指示に従い、互に協力して誠実に作業運行を行わなければならない。

(終業時間の特例等)

第10条 監督者は、降雨、降雪その他やむを得ない事由により引き続き作業運行ができないと認めるときは、作業運行を一時中止し、又は終業時刻を繰り上げ、若しくは終業時刻を延ばすことができる。

2 前項の場合監督者は、速やかに主管課長に対し報告すると共に指示を受けるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

御船町ダンプトラック管理運営規則

昭和54年12月24日 規則第15号

(昭和54年12月24日施行)