○御船町公共下水道共同排水設備助成規則

平成2年4月1日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は排水設備の整備促進及び水洗便所の普及を図り、もって、環境衛生の向上に資するため、下水道法(昭和33年法律第79号。以下「法」という。)第2条第8号に規定する処理区域内において、私道に共同排水設備を設置する者に対する助成金の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規則において、次に掲げる用語の定義は当該各号に掲げるとおりとする。

(1) 私道…道路法(昭和27年法律第180号)第3条に規定する道路以外の道路をいう。

(2) 共同排水設備…公共下水道に下水を流入させるために必要な排水管その他の排水施設(ポンプ施設を含む。)で私道に設けられるものである。

(助成の対象)

第3条 町長は、私道に共同排水設備を設置する者に対し、予算の範囲内において助成することができる。ただし、官公署の所有に係るものについては、助成しない。

(助成対象事業)

第4条 助成は、処理区域内の私道に法第9条第2項において準用する同条第1項の公示の日から共同排水設備を設置するもので、次に該当し、また、町長が適当と認めたものに対して行う。

(1) 共同排水設備の工事完了後、私設排水設備を設置し、すみやかに、水洗便所に改造することを申請済みであること。

(2) 当該共同排水設備の利用可能な家屋が2戸以上あること。

(3) 土地所有者が、共同排水設備の設置に同意していること。

(助成金の額)

第5条 助成金の額は、共同排水設備の設置に要する工事費の2分の1を助成することとする。

(助成の申請)

第6条 助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、代表者を選任し、共同排水設備助成申請書(様式第1号)次の各号に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 工事調書、平面図及び断面図

(2) 私道の位置図及び区画図

(3) 土地所有者の土地使用承諾書(様式第2号)

(4) 申請者全員の維持管理に関する誓約書(様式第3号)

(5) その他町長が必要と認める書類

(助成金の交付申請)

第7条 助成を受けようとする者は、当該工事を完了した場合、助成金交付申請書(様式第4号)に、工事精算調書等を添えて町長に提出し、検査を受けなければならない。

(助成金額の決定等)

第8条 町長は、前条の規定による助成金交付申請書の提出を受けたときは、助成金の額を決定し、申請人に御船町共同排水設備助成金交付決定通知書(様式第5号)を通知するとともに、助成金を交付するものとする。

(助成決定の取り消し)

第9条 助成の決定を受けた者が、次の各号に該当する場合は、町長は助成の決定を取り消し又は、すでに交付した助成金の全部若しくは一部を返還させることができる。

(1) 助成決定の内容又は、これに付した条件その他法令又は、この規則に違反したとき。

(2) 助成金を他の用途に使用したとき。

(3) 虚偽その他不正の手段により助成の決定を受けたとき。

(4) その他町長が助成を不適当と認めたとき。

(委任)

第10条 この規則の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、平成2年5月1日から施行する。

附 則(平成10年12月25日規則第21号)

この規則は、平成11年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

御船町公共下水道共同排水設備助成規則

平成2年4月1日 規則第16号

(平成10年12月25日施行)