○御船町公共下水道汚水桝設置要綱

平成2年4月1日

訓令第2号

(目的)

第1条 この要綱は、公共下水道の公共桝を設置する場合の設置基準を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 公道…道路法(昭和27年法律第180号)第4条に規定する道路及び里道をいう。(私道にあっては、公衆の用に供している土地を含む。)

(2) 公共汚水桝…宅地内等からの汚水を公共下水道に取り入れるもので町が設置し、管理を行うものをいう。

(3) 排水設備…下水道法(昭和33年法律第79号)第10条第1号に規定する排水設備(屋内外の排水管、これに固着する洗面器及び便器並びに水洗便所のタンクを含み、し尿浄化槽を除く。)をいう。

(4) 処理開始の公示…下水道法第9条の規定による公示をいう。

(公共汚水桝の設置数)

第3条 公共汚水桝の設置数は、次の各号に定めるところによる。

(1) 公道に接する宅地に1個

(2) 公道に接する同一の宅地内で、独立した生計を営む住宅用地(共同住宅は1戸とみなす。)については住宅ごとに1個

(3) 処理開始後の公示後、公示前に公道に接していた土地で1つの土地が分割されて新たな所有者が発生した場合は、その所有者がすみやかに、下水道を使用するときに限り、分割された相当数

(4) 公道に接し、将来宅地化が予想される土地(現状が宅地で家屋築造計画が6ケ月以内であるものに限る。)について1個

(公共汚水桝の特別設置)

第4条 前条の規定にかかわらず、次の各号の1に該当する場合は、公共汚水桝を設置することができる。ただし、特別に必要とする者は、当該工事に要する費用の全額を負担しなければならない。

(1) 排水設備の設置上、やむを得ないと認められる場合

(2) 公道に接する1筆の土地で、地形等の都合上、1ケ所では、排水設備工事ができない場合

(3) 下水の排水基準並びに維持管理上、特別な事情がある場合は、桝の共同化や数箇所の設置を行うことができる。

(公共汚水桝の設置場所)

第5条 公共桝は、原則として公道上に設置するが、他の地下埋設物の占有や、桝の設置に余裕がない場合又は、道路管理者の占用条件等によって、民有地に設置する場合がある。ただし、公共桝設置承諾書(別記様式)を要する。

2 水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)に規定する特定施設からの排水が流入する公共汚水桝は、維持管理を考慮し、特に、公道内に設置する。

(委任)

第6条 この要綱の施行に関し、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成2年5月1日から施行する。

画像

御船町公共下水道汚水桝設置要綱

平成2年4月1日 訓令第2号

(平成2年4月1日施行)