○御船町ふれあい広場設置及び管理に関する条例

平成26年3月14日

条例第17号

(設置)

第1条 町民の憩いの場及びレクリエーションの場を提供し、もって町民の福利増進を図るため、御船町ふれあい広場(以下「ふれあい広場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ふれあい広場の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

2 ふれあい広場の区域を変更し、又は廃止するときは、町長は、位置その他必要な事項を公告しなければならない。

(利用者の義務)

第3条 ふれあい広場を利用する者は、善良な注意義務をもって利用しなければならない。

(行為の禁止)

第4条 ふれあい広場において、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、町長が必要と認めたとき、又は町長の許可を受けた場合は、この限りでない。

(1) ふれあい広場の施設及びその他の備品を損傷し、若しくは破損し、又は原状を変更すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土石を採取し、又は土地の形質を変更すること。

(4) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) はり紙、はり札その他の広告類を掲示すること。

(6) 立入禁止区域に立ち入ること。

(7) 指定された場所以外に車両等を乗り入れ、又は留め置くこと。

(8) たき火又は危険のおそれのある行為をすること。

(9) ごみその他汚物を捨てる等不衛生な行為をすること。

(10) 個人や集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うこと。

(11) 前各号に掲げるもののほか、ふれあい広場の管理上特に支障がある行為をすること。

(行為の制限)

第5条 次に掲げる行為を伴ってふれあい広場を使用しようとする者は、町長に申請書を提出し、許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として写真又は映画を撮影すること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 競技会、展示会、博覧会その他これらに類する催しのためにふれあい広場の全部又は一部を独占して利用すること。

(5) ふれあい広場において施設の設置又は管理をすること。

(6) ふれあい広場の施設以外の工作物その他の物件を設置するためにふれあい広場の一部を使用すること。

2 前項の許可を受けた者は、許可事項を変更しようとするときは、当該変更事項を記載した申請書を町長に提出して町長の許可を受けなければならない。

3 町長は、第1項各号に掲げる行為が公衆のふれあい広場の利用に支障を及ぼさないと認める場合に限り、第1項又は前項の許可を与えることができる。

4 町長は、第1項又は第2項の許可にふれあい広場の管理上必要な範囲で条件を付することができる。

(利用の禁止又は制限)

第6条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、区域を定めてふれあい広場の利用若しくは使用又は行為を禁止し、若しくは制限することができる。

(1) ふれあい広場の損壊その他の理由により、公衆の利用に危険が生じるおそれがあると認められるとき。

(2) ふれあい広場に関する工事のためやむを得ないと認められるとき。

(3) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行う恐れがある組織の利益になると認められるとき。

(4) その他ふれあい広場の管理上必要であると認められるとき。

(原形復旧の義務)

第7条 町長は、ふれあい広場の利用者が故意又は重大な過失により、ふれあい広場の施設等に損害を与えた場合には、当該ふれあい広場の施設等の原形復旧又はこれに要する費用の賠償を命じることができる。ただし、町長が特別な理由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

ふれあい広場

御船町大字辺田見字目抜100番地

御船町ふれあい広場設置及び管理に関する条例

平成26年3月14日 条例第17号

(平成26年4月1日施行)