○御船町複写機等実費徴収要綱

平成28年3月30日

告示第53号

(趣旨)

第1条 この要綱は、町民等からの申出により、御船町が管理する複写機、印刷機又はプリンター(以下「複写機等」という。)を使用し、複写、印刷又は出力する場合に実費を徴収することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) コピー等 町民等からの申出により町の職員(以下「職員」という。)が複写機等を使用して、複写、印刷又は出力することをいう。

(2) 実費 複写機等の賃借料、用紙代等を考慮して町長が定める額をいう。

(実費の額)

第3条 コピー等にかかる実費の額は、次の表のとおりとする。ただし、町長が、実費を免除することが適当と認めたときは、この限りでない。

区分

金額

複写、印刷又は出力する場合

A3サイズ以下

1枚 10円

A2サイズ

1枚 20円

A1サイズ

1枚 40円

A0サイズ

1枚 80円

A3サイズ以下(カラー)

1枚 100円

A2サイズ以上A0サイズ以下(カラー)

1枚 500円

備考

1 用紙の両面を使用する場合は、片面を1枚として算定する。

2 区分欄の用紙の大きさは、工業標準化法(昭和24年法律第185号)に基づく日本工業規格による。

3 ロール紙を使って複写等をする場合は、1枚分の単位をA0判にあっては、841mm×1189mm、A1判にあっては594mm×841mm、A2判にあっては420mm×594mmとする。

(申出)

第4条 コピー等を希望する者は、職員に申出をし、町に実費を納入しなければならない。

2 職員は、コピー等の申出を受けたときは、他の事務に支障のない限り、速やかにコピー等をしなければならない。

3 公務に支障があると思われるときは、複写機等の使用を制限することができる。

(既納実費の不返還)

第5条 既に納入した実費は、理由の有無を問わず、返還しないものとする。

(適用除外)

第6条 町民等からの申出によるコピー等について、法令、条例その他の規定がある場合は、この要綱の規定は適用しない。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、告示の日から施行する。

御船町複写機等実費徴収要綱

平成28年3月30日 告示第53号

(平成28年3月30日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
平成28年3月30日 告示第53号